こども芸大だより

2020.12.23 | おたのしみ会、その後は・・・①

12月上旬に開催された『おたのしみ会』。
こども芸術大学認定こども園のおたのしみ会は、
その名の通り“たのしい”があふれる会です。

それぞれの学年がそれぞれのテーマで歌ったり踊ったり演じたり。
当日はお家の方たちの温かな視線に包まれて、
ドキドキしつつも嬉しそうに舞台に立つ子どもたちの姿がありました。


お楽しみ会を終えた後は…
各クラスの出し物を交換して遊びました。
お楽しみ会の余韻を味わいつつ、見たことを実際に体験することで
他学年への興味や憧れがより大きくなったようです。


【つき組(1歳児)・そら組(2歳児)】
ほし組(年少)からお楽しみ会で踊ったダンスを披露してもらった
つき組・そら組の子どもたち。
『おおかみなんかこわくない』の曲に合わせて
楽しそうに踊るほし組の姿に興味津々です。

お気に入りの振り付けは“オオカミポーズ”!
「ガオー!」と元気な声を出しながら踊っていました。


【ほし組(年少)】
たいよう組がやっていた『ねずみの嫁入り』の劇遊びをしました。
物語を絵本でおさらいすると「やってみたい!」と子どもたち。
いざ、役に分かれて衣装を着てみると・・・ちょっぴりドキドキ。

友だちとのやり取りを重ねていくうちに楽しくなっていき、
照れつつも嬉しそうに役になりきる姿がありました。

“やってみる”ことで新たな楽しさを発見した子どもたちです。



②へつづく・・・


2020.12.23 | おたのしみ会、その後は・・・②

【たいよう組(年中)】
たいよう組は、だいち組(年長)がお楽しみ会のために創った劇を
自分たちでもやってみることに。
物語の内容や登場人物をよく覚えており、
どの役になるか自分の中で決めていたようです。
だいち組から衣裳と小道具を借りて早速劇遊び!



それぞれの役になりきり、
セリフの掛け合いを楽しみながら演じる姿がありました。



だいち組への憧れがより一層高まったたいよう組の子どもたちでした。


【だいち組(年長)】
おたのしみ会では自分達で考えたお話を劇にして
演じただいち組の子どもたち。
その経験の中で、みんなでひとつのものを創り出す面白さと
それを表現する楽しさを感じたようです。
そこで今回は『手のひらを太陽に』の曲に合わせて
振り付けを考えみることにしました。
音楽が始まると、歌詞を足掛かりに振り付けを考えていきます。



「ここはこうするといいんじゃない?」とアイディアを出し合ったり
「それいいね!」と自分たちで進めたりする姿はさすがだいち組です。



振り付けが完成するとみんなに披露!
踊り終え、大きな拍手をもらうと「自分たちで考えたんだよ!」と
得意げに教えてくれました。

おたのしみ会を通して、当日はもちろんですが、プロセス、
その後と楽しんできた子どもたち。
他学年の姿にも刺激を受けながら、
表現することの楽しさ、友だちと一緒に取り組む嬉しさを
改めて感じる機会となったようです。