こども芸大だより

2020.10.16 | 向こう側を感じて

秋晴れのある日。
ほし・たいよう・だいち組(3.4.5歳児)で活動しました。

テーマは「透ける」

紙に描くこととの違いとは?


先生の問に自分なりに考えるたいようさん。


だいちさんの道具係が、注文にこたえます。

「何色の絵の具がいいですか?」
「赤でお願いします」



遊ぶ係もいます。
「私たちの顔に描いていいよー!」



最初は、半信半疑のほしさんも、楽しそうなお友だちの姿に惹かれて
やりはじめます。



友だち同士で描き合ったり、
先生に描いたり、




どんどん楽しくなっていきます!


向こう側に大好きな友だちや先生がいる
相手の笑顔がある、そんな嬉しさが子どもたちの遊びをさらに
楽しくさせていたようです。

続く

 

 

2020.10.16 | 透けるって楽しい!

活動を通して、
「透ける」ということが実感できてきた 子どもたち。


描いた絵と空が重なるよー!
みんなで芝生に寝っ転がって空を見上げました。

その後は、
描いた絵にジャンプしたり、走ってくぐったり。




心も身体もたくさん使って遊んで大満足!


透ける素材は遊びの出発点。
みんなで遊びを広げ、思う存分楽しむ先に笑顔のゴールがあります。
「楽しかったー!」
その声に職員の私たちも心から笑顔になるのでした。

                       園長  齊藤祥子