こども芸大だより

2020.10.16 | 向こう側を感じて

秋晴れのある日。
ほし・たいよう・だいち組(3.4.5歳児)で活動しました。

テーマは「透ける」

紙に描くこととの違いとは?


先生の問に自分なりに考えるたいようさん。


だいちさんの道具係が、注文にこたえます。

「何色の絵の具がいいですか?」
「赤でお願いします」



遊ぶ係もいます。
「私たちの顔に描いていいよー!」



最初は、半信半疑のほしさんも、楽しそうなお友だちの姿に惹かれて
やりはじめます。



友だち同士で描き合ったり、
先生に描いたり、




どんどん楽しくなっていきます!


向こう側に大好きな友だちや先生がいる
相手の笑顔がある、そんな嬉しさが子どもたちの遊びをさらに
楽しくさせていたようです。

続く

 

 

2020.10.16 | 透けるって楽しい!

活動を通して、
「透ける」ということが実感できてきた 子どもたち。


描いた絵と空が重なるよー!
みんなで芝生に寝っ転がって空を見上げました。

その後は、
描いた絵にジャンプしたり、走ってくぐったり。




心も身体もたくさん使って遊んで大満足!


透ける素材は遊びの出発点。
みんなで遊びを広げ、思う存分楽しむ先に笑顔のゴールがあります。
「楽しかったー!」
その声に職員の私たちも心から笑顔になるのでした。

                       園長  齊藤祥子

 

 

2020.10.11 | 親子うんどうの日①


こども芸術大学認定こども園の『親子うんどうの日』は、
親子で体を動かす気持ちよさやうんどうの面白さ、楽しさを感じるという
親子行事です。

今年は新型コロナウィルス感染防止を念頭に置きながら、実施しました。
テーマは『お出かけ』

当日は、うんどうするにはちょうどよい天候。
広いグラウンドに全園児が集まりました。


親子でストレッチ。
日頃からこども芸大で親しんでいる『リズム』。



体が温まってきたら、いざ出発!

いつも遊びに行く大学前広場や丘が、今日はお出かけスポットに変身。


大学前広場は石畳を線路に見立て、電車が通る駅に。
こども芸大の玄関前は、石を飛び越える忍者の里に。


 「特急列車で行くよ」  「忍者ジャ~ンプ!」

 


畑は動物や虫が隠れるジャングルに。


「あっ、どうぶつ見いつけた!」


大好きな丘は、親子遊園地に早変わり。
お父さんお母さんが乗り物に変身すると、
本物の遊園地のように、笑い声が溢れていました。


「手繋ぎコースター!」「おんぶゴーカートだよ!」

楽しくて何度もリクエストする子どもたち。
それに、応えようと汗をかきながら遊ぶお父さん、お母さん。

大満足のお出かけになったようです。


「あ~喉乾いた~」

お出かけからグラウンドに戻り、縄を使って触れ合い遊びをしました。
低い波は飛び越える、高い波はしゃがんでくぐる、という
その名も『大波小波』。


「せーの、ジャンプ!」

親子で手をつなぎ、息を合わせて動くことを繰り返します。
自然に気持ちも近づいたことでしょう。

(親子うんどうの日②に続く)

2020.10.11 | 親子うんどうの日②


実は・・・
大波小波の後、魚のお母さんが迷子のぼうやを探していました。
岩陰から迷子のぼうやを見つけた、子どもたち。
だいちさん(年長児)が代表で
バトンに迷子のお魚を入れて、お母さんのもとへ届けて
あげることにしました。


「頑張るぞ!えいえいおー!」



みんなでバトンをつなぐため、
まっすぐ前を見て、思いきり走る子どもたち。
キラキラした瞳からは、使命感が感じられます。
無事にバトンをつなぎ、ぼうやを届けることに成功!
お魚のお母さんの喜ぶ姿を見て、みんなが笑顔になったのでした。


最後は「海といえば花火大会」と
花火になって空に飛びあがり、親子うんどうの日を閉じました。





うんどう+イメージで
身近な環境がお出かけの楽しい場所になり、
親子の絆が深まる時間となった「親子うんどうの日」

イメージがあればどこにでも行ける、何でもできる。
どんな状況でも、工夫次第で「できること」があるのだということが
実感できたのではないでしょうか。

これからも「できること」に目を向けて、進んでいきたいと感じた
秋の一日となりました!