こども芸大だより

2020.06.19 | 体験から知る~アクって何?~

6月。
大学の敷地内の梅の木から梅を収穫し、梅シロップの仕込みをするのは、
だいち組(年長児)の仕事です。
傷のない梅を穫る→アクを抜く→
水気を拭き取る→ヘタを取る→
氷砂糖と交互に瓶に入れる
工程を説明すると、子どもたちの中で『アク』とは何だろうという
疑問が生まれました。(こういう疑問はとても大事です!)

「梅をひとつ選んだら、噛じってごらん!その時に感じた味に『アク』の答えに繋がるものがあるから、帰ってきたら教えてね!」
と話すと、張り切って出かけていきました。


「どれにしようかな」


「これに決めた!」

 

「どうかな?」

 

感想を聞いてみると…
「甘い」「苦い」「甘酸っぱい」「口がしわしわする」「美味しくない」など様々な反応がありました。

感じた味の中で、苦いや口がシワシワするなどが、アクの正体であること、
だからこそ、「アク抜き」が必要であることを伝えると、納得!

 

アクが抜けると、酸っぱいや甘い梅の味がであるだろうと予想し、
出来上がりがますます楽しみになった子どもたちです。

梅しごとをしながら、言葉の意味を【体験を通して知る】という、
いい機会をもつことができました。
これからも、子どもたちの小さな疑問を解決しながら、経験を重ねていきたいと思います。

                          園長 齊藤 祥子

 

 

 

 

 

 

2020.06.17 | さわってみよう!

この笑顔が物語る「楽しさ」


いろいろなモノに触れて、
気持ちよさを感じることも、
気持ち悪いなと思うことも、
たくさんの感情もたくさん味わって育っていってほしい。
・・・そんなふうに思いながら、活動を展開していたけれど、
大好きな友だちがいて、
一緒に笑ってくれる先生の存在があって、
今日は、とびきりの笑顔がうまれていました。

いろいろなモノと出会って感じて表現していこう!

                       園長 齊藤祥子

2020.06.10 | パプリカショー

こども芸大にある布を身体や頭に巻いて変身する女の子たちの姿は、
代々引き継がれているような気がします。

プリキュアやプリンセス・・・これまでも様々な姿に変身してきましたが、
今日の、たいようさん(年中)の女の子たちは、アイドルだそうです☆
パプリカの曲に合わせて、楽しそうに踊っています。

ちょうどiphoneを作成していただいちさん(年長)が撮影しています。こんなふうに、偶然遊びが混ざっていくのも、みんなで遊ぶ面白さのひとつですね!

名前を呼ばれると、嬉しそうにリアクションしていました。
噂を駆けつけて、カメラ持参できた年中組の男の子の姿も!


ドラマーとして参加しているのも、同じく年中組の男の子!

照れながらも楽しそうに、箱(ドラム)を叩いていました。

インタビューにもこたえたり、最後は握手会もあり、ショーは大盛況でした。

登園自粛期間にお家で過ごす時間が長かったこともあり、友だちとの遊びは、
意見をまとめたり、役割を分担したり、まだまだ職員の仲介が必要ですが、
少しずつ友だちと共通のイメージをもちながら遊べるようになっていくことと思います。これからの遊びの広がりが楽しみです!