こども芸大だより

2019.12.25 | おわりの会

こども芸術大学認定こども園の12月末は、
お休みの子、登園する子とそれぞれです。
(どの認定こども園でもそうですよね。)


12月20日、みんなで終わりの会をしました。
この日で年内全園児が揃うのは最後。
手洗い、うがいすること、早寝早起きを心掛けること、
家族や友達に新年の挨拶をきちんとすること…など
みんなが元気に過ごせるよう、冬休みの過ごし方について
お話を聞いた子どもたち。

 

もうすぐ2019年が終わって、新しい年を迎えることも知りました。

今年を振り返って、一番楽しかったことを聞いてみると・・・

 


「リズムが楽しかったです」

 

「鬼ごっこが楽しかったです」

 

「どんぐりタイム(お家の人が園に遊びに来る時間)が楽しかったです」


自分の心の中に残った思い出を一生懸命に話してくれました。

園長先生とは、
「次にみんなが会う時に、冬休みの楽しい思い出や、
新しい年にやりたいこと・頑張ることたくさん教えてね」
と新しい年に元気に会うことを約束しました。

 


最後はみんなでうたを歌い、気持ちよく会を閉じました。
そして、また新年も元気いっぱい遊ぼうね!

どうぞよいお年を。

 

2019.12.19 | おたのしみ会のあとは・・・①

先日、「おたのしみ会」を開催しました。

おたのしみ会とは、その名の通り〈たのしい〉があふれる会。
それぞれの学年がそれぞれのテーマで歌い、踊り、演じる姿を見せてくれます。
見に来てくれた方々の心に、子どもたちの楽しみや成長の姿が届く時間であってほしいと
おたのしみ会を迎えるまで、子どもたちのワクワクやドキドキ、
様々な気持ちを感じることを大事に過ごしてきました。

当日はたくさんのお客さんに見守られながら、どのクラスも
ステージの上で最後までやりきる姿がありました。

おたのしみ会の後も余韻をめいいっぱい楽しむのが
こども芸大の子どもたち。

 

つき組(1歳児)・そら組(2歳児)

楽器遊びを発表したそら組は、すっかり楽器のとりこ。
「もっとやりたい!」と、何度もつきさんの前で演奏を披露してくれました。
ピアノに合わせて太鼓や鈴の音を聞かせてあげると、
見ていたつき組も楽器に興味津々。

「つきさんもどうぞ」と貸してもらうと、
喜んで何度も楽器を鳴らし、音を楽しんでいました。
太鼓は、バチを手に持ち、ドンドンと
嬉しそうな笑顔で、元気よく音を響かせていました。

 

ほし組(年少)

たいよう組(年中)がおたのしみ会でしていた劇遊びを
真似してやってみたいほし組の子どもたち。
衣装を貸してもらって、身に着けると・・・
次第にワクワクしていました。


セリフや最後の歌も覚えていた子どもたち。
おたのしみ会を通して、自分のクラスの友だちへの意識はもちろん、
他学年への興味も強くなっていると感じました。

 

 


②へつづく・・・

2019.12.19 | おたのしみ会のあとは・・・②

たいよう組(年中)

おたのしみ会直後から「雨が上がったよ~おひさまが出てきたよ~♪」と
だいち組(年長)のエンディンぐの歌を口ずさむ姿があり、気づけば大合唱。
だいちさんから衣装と小道具を借りて実際に劇遊びをしました。
憧れの衣装を身に纏うと、「かっこいい!」「似合うね~」と
気分はすっかりだいち組。

 


同じ役同士で「せーの!」と息を合わせたり、一人で言ってみたり。
難しいセリフにも挑戦。ドキドキしながらも終わった後に、
「できた!」と喜びいっぱいのたいようさんに頼もしさを感じました。

 

 

だいち組(年長)

おたのしみ会の熱が冷めやらぬだいち組。
ほし組が披露してくれた踊りの振り付けを
今度はだいち組の子どもたちだけで考えてみることにしました。
音楽をかけると歌詞をよく聞いて、
言葉から振り付けを考えようとする子どもたち。

 


途中、「ここの振り付け、どうする?」となかなか決まらない時は、
「よし!こんな時はだいち会議じゃない?」と話し合って決めていました。
一つのゴールに向かいギュッと力を合わせる、
だいちさんらしい姿がありました。
最後は、たいようさんとほしさんを招待し、
ステキなダンスを披露してくれました。

 

 

おたのしみ会に向けて、本番、その後…と一つひとつをじっくり
楽しんできた子どもたち。
プロセスを十分に楽しみ、当日は満足感あふれる会だったからこそ、
こうして、余韻も思い切り楽しめるのでしょうね。
子どもたちの姿から、「やりきる」→「自信」→「次への意欲」
こんな気持ちの充実を感じています。

 

 

2019.12.09 | 子育て広場だっこ「ん・っぱ!」

子育て広場「だっこ」は1歳のお子さんを対象とした
遊びのワークショップです。

今日のテーマは「ん・ぱっ!」
歩いたり、弾んだり、走ったり・・・
動くことがますます楽しく、面白くなる1歳の時期。
こども芸術大学の広い劇場(ホール)でお家の人や
お友だちと思い切り身体を動かして遊びました。

 

まずは親子で触れ合いながら準備運動。
手をつないで左右にぶらぶら~!
両手の間から「こんにちはー!」と顔を出すと
思わず笑顔がこぼれます。

 


次はこども芸術大学のお友だちも日頃から親しんでいるリズム遊び。

ピアノの音に合わせて、様々な動きを楽しみます。
今日はそら組(2歳)の子どもたちも一緒に参加して
”こんな風にするんだよ-!”と動きを見せてくれました。

 


みんなで走ったよ♪

 


ギャロップ
手をぐんと広げて横にぴょんぴょん!見ることも楽しみのひとつ。

お家の人たちの動きやお友だちの動き、音、雰囲気…
さまざまなことを感じています。

 

 

 

かめ/ブリッジ
そら組のお友だちが目の前で披露してくれました。
まずは見よう見まね。
きちんと動くことよりも”やりたい気持ち”を大切に。

他にも身近なものになりきって、いろんな動きに親しみました。
お気に入りの動きはあったかな?

 

次回のだっこは3月6日(金)。
「まぜまぜ」をテーマに小麦粉を使った感触遊びをします。
ぜひ遊びに来てくださいね♪