こども芸大だより

2019.11.12 | 青い空に絵を描こう

空が青く澄んだ、気持ちのよい秋晴れの日。

ほし組(年少)・たいよう組(年中)・だいち組(年長)で
絵の具を使って青空いっぱいに絵を描きました。

透明なビニールが丘に並んだ様子を見て、
どうやって空に絵を描くんだろう・・・と不思議そうにするほし組。
これから始まる活動に胸を弾ませる
たいよう組、だいち組の姿がありました。

 

だいち組が準備してくれた絵の具を受け取ると
それぞれ
好きな色で思い思いに筆を走らせます。

「お空にぬりぬり~」

 

「色が混ざってきれい」

 

「顔に描いていいよ」と
だいち組の子どもたちが下の学年の遊び相手になってくれました。

「たくさん塗っちゃうぞ」

 

絵を描いた後は芝生の上に寝転んで眺めてみました。


「虹色の空みたい!」

 

「本当にお空に絵が描けた!」

 

最後は鮮やかな色のビニールのトンネルをくぐりました。

「よーい、どん!」



普段お絵描きで使う白い紙とは違い、
「透ける」という透明ビニールならではの面白さを感じながら、
向こう側に見える空や景色に絵を描くことを楽しみました。
そしてなにより友だちと一緒に描いたり、寝転がったり、走ったりしたことで
楽しい気持ちが膨らみ、心にに残る活動となったようです。