こども芸大だより

2019.04.10 | 始業式

4月8日は始業式。
学年が1つ上がり、嬉しそうに登園してきた子どもたち。

 

みんなで歌を歌うと、進級の喜びから弾むような声が出ました。

 

新しい日々への期待を胸に、
「今の気持ち」
「どんな事を頑張りたいか」を
聞いてみました。

「嬉しい気持ち」
「ドキドキしている」
「早く遊びたい」
という気持ちを話してくれたり、
「お手伝いを頑張りたい」
「小さい子に優しくしてあげたい!」
「楽しいことをして遊びたい!」など
希望いっぱいの目標を自分なりに教えてくれました。

 

齊藤祥子園長からは、こんな話がありました。

一番、大切にしてほしいことは『毎日元気に生きること』
その中で
<目・耳・鼻・口・手>を使って
楽しいな、嫌だな、これ何だろう?…といろいろなことを感じて欲しい、
というお話や、

みんなは「遊ぶこと」が仕事。
こども芸大で“楽しい”をたくさん見つけてね!
そのために

『気持ちを言葉にすること』
『友だちと仲良くすること』
『夜は早く寝て朝ご飯を食べてくる』
などが大事というお話がありました。

 

 

 

楽しみを膨らませながら、今年度スタートです。