こども芸大だより

2019.02.21 | お弁当の日

年に2回あるお弁当の日。
この日を、子どもたちはとても楽しみにしています。

「早く食べたいなぁ」
「今日はね、唐揚げ入ってるんだよ」と
朝からお弁当の話で持ちきりです。

普段はお部屋で給食を食べている子どもたち。
でも、この日は違います。

お弁当が入ったカバンを持って歩くだけでも嬉しそうなほし組(年少)は、
こども芸大の劇場でお弁当を広げました。

「みんなと食べるとおいしいね!」

「おいしそうでしょ?」


「私のおにぎり、梅干しだー!」
「僕は鮭だよー」
おしゃべりも弾みます。

 

たいよう組(年中)、だいち組(年長)は大学の食堂へ。


「あ!同じおかず入っているね!」

「好きな物は最後に食べるんだ~」

 

「このおかずは、僕も作るの手伝ったんだよ!」
とだいち組の男の子。

「デザート、楽しみだな~」

お家の方が作ってくれたお弁当で、
お腹も心もたっぷり満たされたようです。


大好きな友だちとお弁当を囲む特別感を味わった子どもたちでした。