こども芸大だより

2018.11.01 | さつまいも掘り

晴れ渡る秋空の下、
5月に植えたさつまいもの収穫を全学年で行いました。

さつまいものツルを引っ張り、さっそく収穫です。
さぁ、さつまいもは採れるかな?

子どもたちの「大きくなぁれ!」の願いが届き、今年は豊作!
これまでの経験をもとにだいち組(年長)、
たいよう組(年中)の子どもたちが
下の学年に掘り方を伝え、
続々と採れるさつまいもにみんな、
大興奮です。


「みて、みて~!」


「こんなにたくさん採れたよ!」

大小様々、自分で採ったさつまいもを嬉しそうに見せ合いながら
収穫の喜びを感じていました。


お兄さん、お姉さんがさつまいもを掘る姿に
つき組(1歳児)、そら組(2歳児)の子どもたちも興味津々!

土を触ってみたり、さつまいもを持ったりと
感じたことを言葉にする姿がありました。


「一緒に見てみようね」

 


「(土が)つめたい!」


「おおきいね」

掘る、触れる、見る…
体験は学年ごとに違ってもみんなが同じ場にいるからこそ
「経験を伝える」「興味が広がる」などの姿が生まれることを
改めて感じる時間となりました。