こども芸大だより

2018.08.30 | 出会い

つき組(1歳)の子どもたちの最近のお気に入りは「カエル」。

リズム(ピアノの音に合わせて体を動かす活動)をきっかけに
カエルの動きが大好きになり、
みんなでカエル跳びの真似をしたり、
カエルの絵を見つけると「あった!」と喜んだり…
すっかり夢中の子どもたちです。

そんなつき組の子どもたちに見せたいと
スタッフが小さなカエルを捕まえてきました。
さて、つきさんたちの反応は…


“ちょっとドキドキ、でも見たい”

 


“触ってみたい!”

ピョーンとジャンプするカエルを実際に目にすると
声をあげて大喜び!
子どもたちも一緒にピョン、ピョン、ピョン!


”カエルのまねっこ”

カエルを見て、喜んだり、驚いたり、
思わず体が動いたりする子どもたちの姿を見ていると
何気ない日常の一コマにたくさんの嬉しさや驚き、
楽しさがあることを改めて感じます。

今日の出会いをきっかけにますますカエルが好きになった
つき組の子どもたちでした。

2018.08.10 | 楽しいね♪みんなでリズム


ピアノの音に合わせて体を動かす「リズム」。
子どもたちが大好きな活動のひとつで
年間を通じて楽しんでいます。

音楽と共に体を動かす心地良さを感じながら
走る、跳ぶ、スキップ、ギャロップ…など
様々な動きの面白さを実感している子どもたち。

上の学年の動きに刺激を受け、
音に合わせて手を広げたり、走ってみたりと
リズムの雰囲気を楽しむつき組(1歳児)。


”うさぎジャンプの…つもり”

そら組(2歳児)は、見よう見まねで元気に身体を動かします。
それぞれにお気に入りのリズムがあり、
「あれ、やって!」「もう1回!」とあちこちからリクエストの声が!


”よちよち、あひるさん”

ピアノの音とともに勢いよく駆け出すほし組(年少)は
「みてみてー!」とやる気満々!
友達と一緒に身体を動かすことも楽しいようです。


”ワニのリズム”

たいよう組(年中)は“こうなりたい!”という気持ちを
意欲に変えて様々な動きにチャレンジ!
繰り返しの中で動きの感覚を掴もうとしています。


”勢いよくカエル飛び!”

それぞれのリズムのポイントを意識しながら
堂々と動くだいち組(年長)。
ダイナミックに走ったり、ジャンプしたりする姿はみんなの憧れです。

”カメのリズム 体をぐっと反るよ!”

「やってみたい」 「あんな風に動きたい!」
という子どもたちの気持ちに寄り添いながら、
これからもリズムの時間を楽しんでいきたいと思います。