こども芸大だより

2018.06.22 | 梅しごと

きれいな青空と初夏の風。
今日はお散歩日和です。

だいち組(年長)の子どもたちは
梅ジュースをつくるため、梅の実取りへ。

「おいしい梅ジュースをつくりたい!」と
緑色で硬く、傷がない実を
一粒、一粒、目を凝らして探します。

たくさんつくって、
こども芸術大学のみんなに飲んでもらいたいと
袋いっぱいに梅を取りました。

部屋に戻って、さっそく下準備。
梅の実のヘタをひとつ、ひとつ取っていきます。

・・・すっかり夢中。
黙々とヘタを取り続け、あっという間に下準備完了!

氷砂糖と一緒にビンに入れ、
あとは出来上がりを待つのみです。

この時期ならではの手仕事を経験した子どもたち。

梅ジュースとして飲めるのはもう少し先ですが
仕込んだ梅と氷砂糖の変化を楽しみながら
出来上がりをのんびりと待ちたいと思います。

2018.06.13 | 交通安全教室

今日は交通安全教室。

交通安全指導員の方に
道路の歩き方や渡り方、信号機の色の意味など
自分の体と命を守るために大切なことをたくさん教えてもらいました。

教えてもらったことを日常の中で生かせるように
実際の道路で横断練習です。

「ストップ!右見て、左見て、右見て、渡ります。」

声に出しながら車が来ないかどうか、しっかり確認!


交通安全の習慣を身につけて、
これからも安全に楽しく過ごしていきたいですね。

2018.06.06 | ミニ流しさくらんぼ ~さくらんぼ祭りプレイベント~

『山形 日本一さくらんぼ祭り』のプレイベントとして
ミニ流しさくらんぼを体験しました。

この日が来るのを楽しみにしていた子どもたち。
ワクワクした気持ちを込めて、3歳以上児クラスの子どもたちは
さくらんぼのブローチを手作りしました。



1・2歳のお友だちもブローチをつけてもらい、
みんなで大好きなさくらんぼを身につけて会場へ。

 

最初に挑戦するのはほし組(年少)の子どもたち。
れんげですくいます。

真っ赤なさくらんぼが流れてきましたよ!
えいっ!!

 

たいよう組(年中)、だいち組(年長)の子どもたちは
箸ですくいます。

ねらいを定めて・・・みんな、真剣!
とれた時には思わず笑顔がこぼれます。

 

こちらにも真剣な顔が・・・。


つき組(1歳)の子どもたちは上から流れてくる
さくらんぼに目が釘付け。
流しさくらんぼの雰囲気を楽しみました。

 

さて、さくらんぼのお味は・・・

「おいしい!」
「甘いね!」

小さなさくらんぼ。
すぐに食べてしまうのはもったいなくて、
大事に味わって食べていた子どもたちでした。

最後はさくらんぼ体操を教えてもらい、みんなでダンス!

作って、食べて、踊って
さくらんぼからたくさんの”楽しい”をもらった時間となりました。

さくらんぼを育てている方や
イベントを準備してくれた方たち
山形の豊かな自然

たくさんのつながりに改めて感謝の気持ちが湧いてきます。

その日の子どもたちの会話。

「さくらんぼ流し、楽しかったね!」
「今度、さくらんぼ流しごっこしようよ!」
「あっ!でもさくらんぼどうする?」
「木の実あるかな?それともつくる?」
・・・、まだまだお楽しみは続きそうです。