こども芸大だより

2016.09.30 | 楽しかった大学祭 

こども芸術大学に遊びに来てくれた方たちに楽しんでもらえるようにと
「おばけ」をテーマにみんなで準備をしてきた大学祭。

だいち組親子(年長)によるおばけ屋敷とジュースのお店
「おばけまつり」の開店。

子どもたちもお母さんたちもおばけに変身し、
気持ちをひとつに「エイエイオー!」

IMG_4924

「いらっしゃいませー」
「めだまジュース(カルピス×ブルーベリーのジュース)はいかがですか?」
「ちのジュース(シロップ入りゼリージュース)もおいしいですよ!」

IMG_4958

IMG_4978

テーマに合わせて子どもたちが考えたオリジナルジュース。
「おいしい!」というお客さんからの声と笑顔に
やる気もさらに高まりました。

「おばけのせかいにようこそー」と様々なおばけがお出迎え。
楽器を鳴らしたり、手を出したり、怖くて楽しいおばけ屋敷に
なるようにと親子のアイディアいっぱいです。

IMG_4985

IMG_4932

だいち組のお店にたくさんお客さんがくるように、
ほし組(年少)・たいよう組(年中)親子はおばけパレードに出発!
思い思いのおばけになりきって、
「だいちさんのお店にきてください」とチラシを配りました。

IMG_1353

DSCF2837

こども芸術大学にきてくれたみなさんが遊びのコーナーで
つくったおばけたちも壁いっぱいに!

IMG_5192

ひとつ目おばけやかさおばけ、リボンをつけた可愛いおばけなど
様々な表情のおばけたちに楽しみが増えていきました。

多くの方々に来ていただき、こども芸大の親子、
遊びにきてくださった方々…
みんなのドキドキ・ワクワクがいっぱいの「おばけまつり」

たくさんのご来場、ありがとうございました!

2016.09.14 | 今週末は、大学祭!

9月17日(土)・18(日)は、いよいよ大学祭。
今年のテーマは、「おばけ屋敷」です。

だいち組(年長)親子の「おばけまつり」では、
おばけ屋敷を楽しんだり、美味しい飲みもの、たべものを提供します。

お店の開催時間は、
①11時から11時40分
②12時20分から13時 です。

大学祭ポスター
こども芸術大学の大学祭は、
子どもたちの発想をもとに、親子で一緒に作り上げていきます。

「おばけまつり」を進めるだいち組を応援すべく、
たいよう組(年中)とほし組(年少)親子は、「おばけパレード」の準備中。
おばけに変身して、おばけまつりのチラシを配ります。

制作

17日(土)は、たいよう組とほし組の子どもたちが考えた、
あんなおばけ、こんなおばけが、大学構内を練り歩きますよ。

パレード

 

こども芸術大学の親子一同、
おばけになって、みなさんのお越しをお待ちしています。

門

2016.09.10 | みんなで作ったよ!その2

もうすぐ大学祭!だいち(年長組)は、おばけ屋敷でお客さんを驚かそうと計画中です。

そんなある日。

劇場に大きな口を開けた門が3つ現れました。
名前は“コモンちゃん”“チュウモンくん”“ダイモンちゃん”。
おばけ屋敷をみて自分たちも子どもを驚かせたいと思ってやって来たというのです。

大きな口で通った人をぱっくっ。と食べると、おばけの世界に連れて行ってくれるのです。
でもおしゃれが好きな門ちゃんたちは、子どもたちに「カラフルに変身させて」とお願いをしました。

・・・と、こんなストーリーではじまった門作り。
先週作った好きな色の画用紙を貼りつけてあげることにしました。
お母さんに手伝ってもらいながらチョキチョキ、ペタペタ・・・。

IMG_3782

IMG_3773

みんなで門ちゃんたちのために制作をしました。

IMG_3806

IMG_3807

制作中嬉しかったことがありました。
みんなに使う道具を自ら配ってくれたり、門に糊を塗り「ここに貼ってね」と声をかけてくれたり。
床に残ったゴミやハサミを集めてくれるお母さんと子どもたちの姿。

今自分ができることは何かを考える。
みんなでの活動を行うなかで、とても大切な気づきだと感じました。
そんなこども芸大の親子に作ってもらった門ちゃんたちは、嬉しそうな顔をしていました。

IMG_3849

IMG_3834

 

9月17日(土)こども芸術大学の大学祭で、門ちゃんたちも皆さんをお出迎えします。
ぜひ、会いに来て大きな口に食べられてください。

2016.09.07 | みんなで作ったよ!その1

「どんな色が好き?」
そんな問いかけから始まったこの日の活動。
それぞれの好きな色を作り、みんなの色を集めて見てみるのが今回のゴール!

さて、いったいどんな世界が広がるでしょう。

IMG_8838

 

 

 

 

 

赤、青、黄色から始めの色を選んで、そこに他の色を混ぜて“自分の好きな色”を見つけていきます。
「ぼく、青の部屋にする!だって、紫作るもん!」と、混色の経験を生かし、作りたい色が明確なだいち組(年長)

「ピンクがいいな~、どうやって作るの?」
「どんな色が好き?」ほし組(年少)たいよう組(年中)の子どもたちとお母さんの会話も聞こえてきます。
混ぜ混ぜしたら、できちゃった。こうしてできた色にも、どこかその子らしさが現れています。

IMG_8848

 

 

 

 

 

 

IMG_8897

 

 

 

 

 

 

 

 

こうしてできた“自分の好きな色”絵の具の微妙な配合で一つとして同じ色はありません。
そんな色に名前を付けました。
「すいかのしる」「まっちゃとはっぱ」「夜のブルー」思いのこもった名前がつきました。

IMG_8921

 

 

 

 

 

 

みんなの色を大きな紙に染めて、アトリエに並べます。
「海みたーい」「池かな?」「いや、湖だ!」
いろんな色の湖の周りをこども芸大列車に変身して回りました。

芸工大の先生が「色は原体験に近いものがあって、記憶に残りやすい。」
と、以前 おっしゃっていました。

今日作った色、みんなで見た色がこどもたちの記憶に刻まれたことでしょう。

2016.08.29 | 大学探検へ行ってきたよ

ほし組(年中)、たいよう組(年中)、だいち組(年長)の縦割りの3チームを作り、
「大学探検」へ行きました。

 

この日のミッションは、チームに届いた地図を見ながら宝を見つけ
大学の講義室「201教室」にみんなで集まること。

霧雨が降る中、雨にも負けず、いざ出発!

IMG_3715

いつもは学生さんがいて賑やかな構内も夏休み中はとても静かです。
「学生さんがいないから寂しいね」という子どもたちの声。
学生さんが使っている教室に入ると
「これ、こども芸大にはない絵の具だ」
「ねえ、みんな、なんだか匂いも違う気がしない?」

DSCF2470
とだいち組(年長)が
たいよう組(年中)、ほし組(年少)に伝えてくれます。
こども芸大との違いや新しい場所を知りながら、探検は続きます。

暗い廊下を歩いているとき「なんか落ちてる」ときれいな袋を発見。
「これが宝だ!」と大喜び。

IMG_9328

 

中を見てみると…切れてしまっている紙が入っていました。

DSCF2474
「何か書いてあるけど切れちゃって読めないね」
「きっとお化けが切っちゃったんじゃない?」など
子どもたちの想像は広がります。

宝も見つけ、みんなが集まる「201教室」を目指します。

3階の廊下を歩いていると「201」を発見!
「2がつくのに3階にあるのはなんでだろう」と
ほし組(年少)が不思議そうにしていると
「大きな部屋だから2階から3階までつながってるんだよ」と
だいち組(年長)が答えてくれていました。

みんなが「201」教室に集まり、それぞれ見つけた宝を見せ合うと
「もしかしたらつながるんじゃない?」と気がづきました。
IMG_3758

それぞれの紙をつなげてみると文字の書いてある一枚の大きな紙になりました。

「祭りって書いてある!」
「もしかして大学祭の招待状じゃない?」
「こども芸大も大学祭あるよね」と
9月17日の大学祭への期待が膨らむ子どもたち。
IMG_3765

最後はみんなで「大学祭に行くからね!」と
お休み中の学生さんに届くように大きな声で叫び、
また手を繋いでこども芸大へ戻りました。

 

 

 

 

 

 

2016.07.20 | じゃがいも ごろごろ

こども芸術大学には子どもたちやお母さんたちが野菜を育てている畑があります。
普段、目にしている野菜がどのように育っていくのか、
様々な発見を楽しみながら、作物の生長に関心を向けている子どもたち。

IMG_2774

春に親子で植えたじゃがいもが収穫の時期を迎えました。

今日はみんなでじゃがいも掘りです。
小さな種芋から芽が出て、花が咲き
どんどん大きくなる過程を見てきた子どもたち。

収穫前にクイズをまじえて、じゃがいもの生長を振り返ると
「花は白や紫だったよ」「てんとう虫が葉っぱを食べちゃったんだよね」などと
それぞれの気付きを話す姿がありました。

だいち組(年長)の子どもたちは、
『茎が枯れたら「とってもいいよ」の合図なんだよ!』と
これまでの経験をほし組(年少)、たいよう組(年中)の子どもたちに伝えていました。

期待を膨らませて、収穫スタート。

IMG_2831

土を掘っていくと…「あった!!」「こっちにもいっぱい!!」
「赤ちゃんじゃがいも、見つけたよ」と喜ぶ声が続々と聞こえてきました。

IMG_2813

IMG_2821

かじられた跡があるじゃがいもも見つかりました。
「ねずみかな?」「もぐらかもよ」「きっと虫が食べたんだ」と
生き物への想像が広がります。

あっという間に、かごいっぱいのじゃがいもが採れました。

IMG_2846

お日様や雨、土…自然が育んだ恵みにみんなで「ありがとう!!」

こども芸大に戻って、採れたてのじゃがいもをさっそく味見。
おいしく食べて、今度は心と体の栄養に。
これからも季節を感じ、旬を味わいながら過ごしていきたいと思います。

2016.07.01 | 親子風土の日 in 長井市 古代の丘

こども芸術大学の行事のひとつ『親子風土の日』。
親子で散策をしながら、その土地ならではの自然や歴史、魅力を知り、
改めて自分たちの住む山形のよさを感じる日です。

今年は長井市にある古代の丘に行きました。
古代の丘周辺では数多くの遺跡が見つかっているそうです。
広場には大きな土偶のオブジェがあったり、
石器や土器などを展示している資料館があったりと
縄文時代の雰囲気が漂う場所です。

IMG_5453

歌を歌ったり、縄文時代の人たちの暮らしについて
クイズをしたりしながらバスに乗ること1時間。
前日まで雨模様の天気が続いていましたが、
てるてる坊主に願いを込めた子どもたちの想いが空に届き、
古代の丘に着く頃には青空が顔をのぞかせていました。

IMG_6503

さっそく縦割りのグループごとにウォークラリー開始。
地図を見ながらポイントをまわり、スタンプを集めます。

 

 

資料館の中。昔の人はどんな生活をしていたのかな?

IMG_6451

長者屋敷と呼ばれる場所では縄文時代の人たちが
住んでいた家が復元されています。
実際に中に入ってみると…
「窓がない!」「キッチンもないよ!」「電気はどうしてたのかな?」と
自分たちの生活と比べてたくさんの違いがあることに気が付きました。

IMG_6454

「スタンプはほし組(年少)、たいよう組(年中)さんからどうぞ。」
だいち組(年長)さん、グループのリーダとして頑張りました。

IMG_6432

 

広場では土偶と一緒に「はい、ポーズ」

IMG_6598

ウォークラリーの後は待ちに待ったお弁当!
みんなで食べるとおいしいね。

IMG_6480 IMG_6533

初夏の緑と空気をいっぱいに感じ、自分たちが生まれるずっとずっと前に
住んでいた人たちの暮らしに思いを馳せながら親子で歩いた風土の日。
豊かな自然や人々の歴史など大きなつながりの中にいることを
改めて感じることができた日となりました。

2016.06.28 | バザーのお知らせ

こども芸術大学には「結活動」というお母さんたちの自主活動があります。
川掃除やおやつ作り、チャリティバザー、絵本の紹介、
植物の栽培や山形の風土について紹介するものまで、
どれも、社会がよくなること、子どもたちの成長を願って今できることを
お母さんたちで話し合い、企画しています。
そんな結活動の中で、今年もバザーを企画したお母さんがいます。
もともと、資源を有効に、人と人のつながりを大切に、という想いから始まった企画で、
何年も続いている活動です。

今年の収益金は、芸術工科大学の卒業生のお子さん(青山環ちゃん)へ寄付するそうです。
詳しくはこちらから http://tamakichan.net/her/

IMG_9614
バザーをきっかけに支援の輪が広がることを願っています。

<バザー詳細>
期日:7月7日(木)・8日(金) 9:30~13:00

内容:0歳~5,6歳までの子ども服 靴や帽子などもあります。
会期中は誰でもお越し頂けます。
地域の方、小さいお子さん連れの方、ぜひいらしてください。

そして、
お母さんたちの活動をぜひ応援して下さいね!

2016.06.09 | 「キッズアート2016山形」に向けて

9月から開催する
「みちのおく芸術祭」のキッズアートキャンプ山形2016に
こども芸術大学のだいち組(年長)の親子15組が登場します。
https://biennale.tuad.ac.jp/

昨日は、影絵師・ガムラン奏者の川村亘平斉さんとの影絵あそび。
子どもたちの好奇心いっぱいの瞳・キラキラした表情
それを見守る母のまなざしが印象的でした。

http://blog.tuad.ac.jp/trso/event/1632.html

2016.06.01 | ミニさくらんぼ流し ~さくらんぼ祭りプレイベント~

今日は、やまがた日本一さくらんぼ祭りプレイベントとして
ミニさくらんぼ流しを体験しました。

まずは、お母さんと一緒にさくらんぼブローチ作り。

0 (2)
大好きなさくらんぼを作ります。

0

親子でブローチを作ったら、
さあ、会場へ出発。

赤くて美味しそうなさくらんぼが流れてきましたよ。

1
れんげですくうのは、ほし組(年少 )

おはしでつかむのは、たいよう組(年中)

2

でも、
思わず手が出てしまうのも、年中組のかわいらしいところ。

4 (2)

だいち組(年長)は、狙いを定めて・・・真剣です。

4

上手に取れたよ!

5

「甘くて美味しい!」

6

「やっぱり山形のさくらんぼは美味しいなぁー」

8

芸工大のお兄さんお姉さんに
さくらんぼ体操を見せてもらい・・・

7
最後はみんなで踊りました。

9

美味しくて、楽しくて、
そして、
山形に生まれ育ってよかった~と感じられるひととき。

山形の土・風・空・お日さま・・・たくさんの自然
さくらんぼを育ててくれた人、
イベントを準備してくれた方たち、
みんなに感謝の気持ちの「ありがとう!」を言葉にして
今日の楽しい時間は終了。