こども芸大だより

2012.11.12 | トントンギコギコ

こども芸大の庭先から、
トントントントン…ぎこぎこぎこぎこ…と
にぎやかな音が聞こえてきましたよ。

だいち(年長)組の子どもたちが、トンカチ片手に、何かを作っていました。

話を聞いてみると、散歩の途中、プロダクトデザイン学科の工房から
廃材をもらってきたようです。

山積みの木片を吟味しながら「これはテーブル足になりそうだなぁ~」
「こっちは、カブトムシのツノにしよう!」と
自分のイメージをふくらませながら素材を収集し、
のこぎりや釘、トンカチを使っかたちにしていきます。

一人では難しいところは、近くの大人や友だちの手を借ります。

ある日は、ぷらっと立ち寄ってくれた芸工大のお兄さんに手伝ってもらいましたよ。

だいち(年長)さんくらいになると、その日限りの活動ではなく、
自由遊びの時間など、空いている時間を見つけて自分のペースで制作する姿も見られます。

誰かがトントントンと始めると、「ぼくもやりたい!」と集まってきて、
みんなで助け合いながら制作していました。

こんなに分厚い板も頑張って切りました!
それを見ていた友だちも「がんばれ~!」と声援を送ります。

ある男の子がこんなことを言っていました。
「去年のだいちさんの○○くんみたいにかっこいいワニつくりたいんだぁ」

実は去年のだいち(年長)組の子どもたちも同じ時期に
木工の活動をしていました。
その時、熱い視線を送っていたんですね。
そのすぐ傍で
今年もまた、小さいお友だちが彼らに熱い視線を送っていました。

「見る」という経験が「憧れ」や「期待」となって
子どもたちの心を繋いだ一場面でした。

2012.11.02 | 大型バスにのってます♪ その2

昨日のバスが楽しかったようで、
今日は朝からバスごっこを始めたほし(年少)組さん。

「マイクもあったよね」
「レバーもあったね!」と昨日のバスの内部を思いだし、
どんなバスにしようかアイディアがどんどん出てきます。

実際に作ってみようと思って材料は集めてみたものの、
まだまだ技術が伴わず、うまくいかないのも年少さん。
それでも、頑張ってイメージに近づけようと試行錯誤。
お友だちも「ボタンもあったね」
「どんなボタン?」 「まるいの!」と具体的なイメージはわくものの
なかなかうまく丸を切ることができず、何度も挑戦する姿もありました。

やりたい気持ちが、はさみを何度も走らせ、
「できた!」と誇らしげに見せてくれたボタンを
バスにみたてた座席スペースに設置できたときには、とてもいい表情でした。

さぁ!ぼくたちのバスができました。

「みなさんご乗車くださーい」

頑張って作ったマイクも大活躍。

「つぎは仙台!仙台で~す」

「おりまーす。ピンポーン」とボタンを押して遊ぶ姿も。

楽しかった経験をお友だちと共有しながら
遊ぶ姿に、ほし(年少)組さんの成長を感じます。

これからも、みんなで一緒に「楽しい!」経験を積み重ねていきたいですね。

 

2012.11.01 | 大型バスに乗ってます♪ その1

「風土の日」で大型バスにのって
出かけたことがとても楽しかったほし(年少)さん。

♪大型バスに乗ってます~♪の歌も大好きです。

そこで、今日は散歩の途中、バスターミナルに待機中だった
芸工大バスにちょこっと乗車させていただきました。

バスの車内では、運転手さんから帽子をお借りして、
運転手さん気分を味わったり、「次は山形駅、山形駅~」とアナウンスしてみたり。
バスの車内をきょろきょろ見回していました。

その後、バスが出発するのをバス停でお見送り。

今度はあのバスにどこかにお出かけしてみたいねぇ~と話しながら
その後は、秋を満喫して丘を駆け回ったほし組さんでした。

帰りにはお地蔵様にもご挨拶。

山形には、冬の気配が一歩、一歩近づいています。
天気のいい日は、こんな風にお散歩もいっぱい楽しみたいですね。

2012.11.01 | 大人の修学旅行

今日の母親講座は、建築・環境デザイン学科の志村直愛先生と
「大人の修学旅行」と題し、山形市内の歴史的建造物を見学に出かけました。

颯爽と自転車で登場した志村先生は、
キラキラの蝶ネクタイ姿。

授業履修で、先生の授業を履修したことのあるお母さんにとっては、
おなじみの志村先生の軽快なトーク。早速引き込まれてしまいます。
今日も楽しいお話がたくさん聞けそうですね!


まず最初に訪れたのは、
山形市中心部にある「文翔館」
この建物は旧山形県庁として大正5年に建てられた
イギリス・ルネサンス様式のレンガ造りの建物です。

山形に住んでいれば一度か二度は訪れたことのある「文翔館」ですが、
先生の説明を聞いていると、
その歴史やこの建物にかかわった人たちの思いまでもを知ることができ
今まで以上にこの建物の価値を感じることができました。

細部の装飾に至るまで、山形の風土があしらわれてあり、
目からウロコのお話ばかり。

お母さんたちも時折メモを取りながら
先生の話に「はぁぁ~~」「ほぉぉぉ~~~」と引き込まれていました。

志村先生は、お母さんたちにお話しするのが
とても楽しい!とおっしゃってくださいました。

今回の見学を終えたあと、
「つぎは、子どもと一緒に来てみたいなぁ」と
おっしゃっているお母さんがたくさんいました。

きっとそれが、先生のねらいなんですね。

お話しを始める前に、
「自分の町の歴史を知ると、その町へ愛着がわきますよね。
自分の住む町が好き!という気持ちは、
なによりもの『まちづくり』につながるんですよ」とお話しされていました。

きっと今日志村先生と一緒に山形の歴史にふれて、感じたこと、吸収した知識は、
お母さんの言葉で子どもたちに伝えてくれることでしょう。

そして、またその子どもたちが大きくなた時、
自分たちの育った山形の「文1翔館」を
誰かに案内する未来を想像したら
思わず笑みがこぼれた大人の修学旅行でした。

志村先生、貴重なお時間ありがとうございました。
またぜひ第2弾、3弾とよろしくお願いします!

 

2012.10.26 | 風土の日

こども芸大秋の3大行事の締めくくりは、親子遠足「風土の日」。

「風土の日」とは、私たちが住む
山形県の小さな町や村へ出かけ、
その地域を散策しながら風土を感じる1日です。

今回出かけた先は山形県天童市田麦野地区。
ここは東北芸術工科大学の片桐先生と学生たちが
田麦野公民館「ぽんぽこ」を拠点に様々な活動を行っていて、芸工大ともつながりが深い地域です。
詳しくはこちら→「みつけたむぎのブログ」

それでは、さっそく
3学年の縦割りチームで地図を片手にウォークラリーに出発です。

田麦野は山間にあるため、空気が少しひんやりしていましたが
それがまた気持ちのいい心地よさい。
柔らかいお日様の日差しが、
田麦野の自然いっぱいの景観をさらに美しく演出してくれています。

子どもたちはゲーム感覚でラリーを楽しみながらも
「ぼくだけの宝物」を見つける名人です!


空き巣になった蜂の巣(古いものです)を発見!

こちらは、へびの抜け殻。

目線の先には川の中で悠々泳ぐ魚たちを見ています。

写真には取れませんでしたが、
大人もびっくりするほどのトンボの大群もいました。

それを見た子どもたちが
「お日様が明るくなると(日差しが差し込むと)ひなたぼっこしに集まってくるんだよ」と言っていました。
かわいい発想だなぁ~と感心していたらまさにその通り!
日差しがなくなるとトンボの大群はあっというまにいなくなり、
また日差しが戻ると、群れをなし日向へ集まってくる。

子どもたちの観察力、洞察力ってすごいですね。

また、今回のスタンプラリーでもだいち(年長)組の子どもたちがリーダーとなり
下の学年の友だちのことを気遣う姿がありました。
大学祭、うんどうの日、そして日々の暮らしのながで
学年を越えたかかわりがこういう場面からも感じられます。

普段お仕事でなかなか参加できないお父さんたちも
秋の3代行事を通して、交流が深まったようです。
お弁当も学年を越えて和やかな雰囲気でしたね。

最後に、スタンプラリーの答え合わせをしました。

スタンプラリーのクイズを通して、田麦野地区に伝わる習わしや風習にふれ、
五感をフルに使って田麦野の自然を感じたひととき。

田麦野は本当に静かで、耳を澄ませば、かぜの音、鳥のさえずり、
葉っぱはひらひら落ちる音まで感じられました。
時折聞こえてくる、畑仕事をしている音、近所の方々が交わす挨拶など
自然の流れに逆らわない、ゆったりとした時間を堪能した風土の日となりました。

 

2012.10.06 | 親子うんどうの日(後半)

前回に引き続き親子運動の日のご紹介です。

運動の日の後半戦は、お父さんたちにも協力してもらい
ストーリを盛り上げていただきました。

雷さまに扮したお父さんたちの演技もなかなか、迫力がありましたよ!

雷様から雨の粒をもらわないと雨が降らないことが分かった子どもたち。

「よぉ~し、綱引きで勝負だ!」ということで
子ども対雷様(大人)の綱引きです。

最初はお父さんたちも子ども相手ということで、
軽く手加減しながら~なんて思っていたようですが
子どもの本気のパワーをぐいぐい綱で感じて
「おっ!意外と、いや、ホントすごいなぁ」
「おっ、これはまずい!負けそうだぞ…」なんて声も聞こえるほど。

子どもたちもみんなで気持ちをひとつにして頑張ったので
いつも以上の力が出たようです!

雷様から無事、雨の粒をもらった子どもたち。

ここからは雷様も一緒に、雨を降らせるために雲へ雨粒を投げ入れます。
雨を降らせる準備がととのったことを
みんなの大好きな「そんごくう」の歌で悟空に知らせてあげてフィナーレです。

最後はこんな手紙とプレゼントが子どもたちのもとに届きました。
「みんな、どうもありがとう。この子たちにもお水をあげてみてね。
きっとしあわせな気持ちになれるよ。 ~そんごくうより~」

あるお母さんがこんな感想を寄せてくれました。

************************************
マットの上に親子で転がった時、ふと空を見上げたら、
雲が流れているのが見えて、気持ちよくてつい、眺めてしまうほどでした。
息子も「あっ!雲がうごいてる、気持ちいぃね!」とも言っていました。
家族で雲の上の世界を何度も、何度も楽しみました!(3歳児 母)
************************************

秋の空は、ほかの季節よりも、空が高く大きく感じたり、雲が真っ白に見えたりして
今回のストーリーにぴったりでした。
体を動かしながら、季節や家族、友だちの存在も感じられたるうんどうの日。

子どもと大人も、笑顔あふれる1日になりました。

2012.10.06 | 大きな大きなサツマイモ

秋晴れが続く山形市。
今日は、春に植えたサツマイモを収穫しました。

おおきな葉っぱにツルがにょろにょろ。
「うんとこしょ!どっこいしょ!」とみんなで引っ張ります。

葉っぱとツルをよけると地面が出てきました。
「あれ!?なんにもついてないよ~!?」と不思議顔のほし(年少)組の男の子。

大きなかぶのイメージでサツマイモが引っこ抜けると思ったんですね。
収穫の経験のある年長さんに「ここを掘ればいっぱい出てくるよ」と教えられ
モグラ気分で地面を掘り始めると…

「あっ!あったぁぁ~!!」 「おっきぃぃ~~!」と
あちらこちらから声が聞こえてきました。

なんと、子どもたちの顔よりも大きいサツマイモから、
小さくてかわいいものまで大小さまざま。

こちらは、おまけでカナチョロくんです。

こうやって土を触ると、小さな生き物たちとの出会いも楽しむ子どもたち。

一方では、サツマイモのツルで電車ごっこもはじまりましたよ。

その他、縄跳びや綱引きなど、子どもとお母さんのアイディアで遊びがどんどん広がっていきます。

これからサツマイモをどんなふうにして食べようか、
楽しい相談もしながら、秋の味覚も楽しんでいきたいですね。

2012.10.06 | 親子うんどうの日(前半)

今日はみんなが楽しみにしていた親子うんどうの日。

水曜日の秋さがしのあと、お地蔵様の隣のモミの木に
金の輪がぶら下がっているのをみつけた子どもたち。

それは、なんとあの孫悟空の金箍児(きんこじ)でした。

みんなのもとへ孫悟空からお礼の手紙がとどき
「金の輪を見つけてくれてありがとう!
僕の住むところでは雨が降らなくて
村の人たちが困っていたので、
雲を集めている途中だったんだ。
これからぼくと一緒に雲を集めてくれませんか?
もし手伝ってくれるのなら10月6日にグラウンドにきてね。」
と、書いてあるところから今回の親子うんどうの日の物語がはじまりました。

子どもたちは、最近「そんごくう」の歌が大のお気に入り。
だいち(年長)組の子どもたちは歌の歌詞からイメージが膨らみ
「そんごくう」のお話しも楽しんでいました。

そして、親子うんどうの日当日。

大好きなリズムの「とんぼ」や「とんび」になって雲の上の世界へ飛び出します!

こども芸大の親子運動の日は、
子どもたちだけが体を動かすのではなく、お父さんお母さん、
そして時にはおじいちゃんおばあちゃんなど、
この場に参加してくださるみんなで運動を楽しむ日です。

一緒に手を繋いでジャンプしたり、転がったり、走ったりすることで
見ているだけでは感じられない、子どもたちの躍動感や、力強さ!
そして何より、体を動かす気持ちよさ、楽しさを共有して
みんなで笑顔を交わす醍醐味があります。

また、もう一つの特徴として、子どもたちの日常を大人が感じられる1日だということ。

今回のコースは、子どもたちの日常を見守ってくれている
お母さんたちが考えてくれました。

「最近、家でも縄跳びにハマってるんだよねぇ」
「子どもって、滑り込み好きだよね」
など、子どもたちがたのしみながら動ける内容が取り入れられています。

お母さんと息を合わせてジャンプすれば
いつもより大きなジャンプができたり。

ちょっと怖いけど、勇気を出して挑戦してみたり。

このコースを飽きるまで何度も何度も繰り返します。

その中で子どもたちのはじける笑顔に何度もであった
お父さん、お母さんも少なくないはずです。

そして、うんどうの日のストーリーは後半へと進みます。

後半へと続く…

2012.10.03 | 秋さがし

大学祭の余韻を楽しみながら過ごしていたら…
あっという間に秋の気配の山形市。

今日は大学周辺を散策しながら
秋を探しに出かけてみました。

今日は来年4月に入学予定のお友だち、
にじ組さんも参加してくれましたよ。
にじ組は、来春の入学まで月1~2回程度お母さんと一緒にこども芸大に遊びに来てもらい
こども芸大の雰囲気を体験してもらう、入学準備クラスです。

その一環として、今日は在学生のみんなと
「母と子の時間」に参加してみました。

歩き出すとすぐに「あっ!きのこ~」と秋をみつけたにじ組さん。
「なになに?」と在学生のお友だちも集まってきました。

普段の通学では車で通りすぎている大学周辺の道路脇にも
歩いてみると小さな秋があちこちに見つかります。

「なんかここすごくいい匂いがするよ!」と気づいた子どもたち。
においの正体は金木犀でした。

お母さんが「秋の香りだよ」と子どもたちに教えてくれていました。
歩いてみると、においや音からも秋を感じられます。

赤く色づいた葉っぱや木の実、
土手に咲く小さな草花、
いろんな秋を見つけては袋に詰めていきます。

歩いてはとまり、また歩いてはとまり…
子どもたちは、次々秋を見つけていきます。
子どもと同じ視点で散策すると
子どもたちの見ている世界を少し垣間見ることができますよね。

途中、くるみ橋(胡桃の木のふもとにあるので子どもたちはそう呼んでます)を通ってグランドへ。
逆のルートから来た別チームを見つけると発見。
「秋いっぱいみつけたよぉ~!」駆け寄り、袋の中身を見せ合っていました。

その後グランドで休憩…のはずが、
広いこの空間で走らないのはもったいない!と、急遽お母さんのもとへ
よーいドン!

お母さんのもとへ駆け寄り、飛び込む瞬間の笑顔は、
にじ組さんも年長さんも変わらなくいい表情です。

そして、子どもたちを受け止めるお母さんの表情もとっても素敵です。

広い、広い空のもと
お母さんを目指して全力で走る気持ちよさ。

これも秋の楽しみ方のひとつですね。

2012.09.22 | 大学祭 ご来場ありがとうございました

こども芸大のみんなで、
気持ちをひとつにして準備をすすめてきた大学祭。
今日はいよいよ当日です。

今年のテーマは「えほんの旅」

玄関を入ると広がるわくわくする
おはなしの世界が広がっています!


おおきな絵本の扉をくぐると…
みんなの夢がたっぷりつまったおかしの家が見えてきました。

このおかしの家は、来場した皆さんも
一緒にデコレーションできる楽しいコーナーも。
そして、おかしの家のわきには
大きな木が1本。

この木の葉っぱ、どこかで見たことありませんか?

そうそう!去年のこども芸大展を見に来てくださった方は
気が付きましたか?

あの巨大な龍のうろこです。

こども芸大の大学祭の特徴の一つ、
身近にある廃材やこれまで使った展示物などを再利用して、
アイディアを出しいみんなが楽しめる空間を演出することです。

そして、結活動の紹介コーナーや、
授乳室、休憩スペースの一角の
感覚絵本のコーナーやスタンプラリーなど。

赤ちゃんから、小学生、おじいちゃん、おばあちゃんまで
みんなに楽しんでいただきたい!という願いが込められた今回の大学祭。

ご来場いただいたみなさんにも
みんなの思いが届きましたか?

そして、こども劇場では、だいち(年長)組の親子による
「ぶっくみんなシアター」にも、たくさんの方にご来場いただき
ほんとうにありがとうございました!

そして、あたたかいメッセージや感想もたくさんお寄せいただき、
ほんとうにうれしかったです。

たいよう(年中)さん、ほし(年少)さんの
「おおきなかぶ」のへんしんパレードもとってもかわいかったですね~。


毎年、子どもたちの気持ちににそっと寄り添いながら
ともに歩みを進めてくださるご家族のみなさんあってのこども芸大の大学祭。

今年も、ほんとうにお疲れ様でした!