こども芸大だより

2020.07.25 | ハナサクヤマガタ企画

 

企画構想学科の2年生の学生さんより、「ハナサクヤマガタプロジェクト」へのお誘いをいただき、だいち組(年長)で活動することにしました。

先生から夏のお祭りのこと、花笠の由来、笠の花が何かなどを教えてもらい、
今年花笠祭りがなくなり残念がっている人たちを元気づけたいと学生さんが考えていることを聞くと「自分たちがみんなを元気にしてあげたい!」という気持ちにスイッチが入ったようです。


花笠という名前から、花をモチーフにデザインする子が多く、あじさいや
チューリップを折ったり、紅花をイメージしながら切ったり。

 

「山形らしいものだからお米を書いた!」とか
「さくらんぼも書いたよ」
「紅花が咲くように雨を書いた」などと言う声がありました。

終わってから、それぞれの気持ちを聞くと、
「きっと、みんなも公園で遊んだり、プールで遊んだりしたいと思うから、
 早くコロナが終わるといいなって思いながら作った。」
「今、遠くに住んでいる従兄弟に会えなくて寂しいけど、
作ってたら楽しくなってきたから、これを見た人にも元気になってほしい」
「コロナのことで嫌な気持ちになっている人もいると思うけど、私が作った花笠を見て元気になってほしい」
などと話してくれました。
また、
「みんなが自然を大事にすると、紅花の花がいつまでもきれいに咲けるから、
そのことも思った!」
とのこと。

プロジェクトの主旨を理解し、
想いを届けたい相手が目の前にいなくても、気持ちを「想像」できるようになっていること。それを「創造」を通してカタチにしようとしていること。
そんなだいちさんの姿に成長を感じ、嬉しくなりました。



笠が出来上がると、早速踊りたくなり、オリジナルの花笠祭りを開催。
曲をかけると、先生たちが見に来てくれ、照れながらも踊ったり、出来上がった笠を自慢気に見せたりしていました。




この笠は、8月1日~7日の期間にエスパル山形に展示されます。
ぜひ、ご覧になっていただきたいと思います。

 

                        園長 齊藤 祥子