こども芸大だより

2019.03.08 | だっこ「まぜまぜ」を開催しました

”はじめて”の体験を通して小さな成長を感じてほしいと
1歳のお子さんとそのお家の方にきていただいている
子育て広場『 だっこ』
今年度最後のだっこは「まぜまぜ」をテーマにした感触遊びです。

そら組(2歳)のお友だちも一緒に、みんなで楽しみました。


登場したのは小麦粉のこなこなちゃん。

袋の上から触るとずっしり重くて、少しひんやり。

袋から出してみると…


「さらさら」
「ふわふわ」

水を加えるとまた感触が変わります。


「くっついたぁ!」


「もちもち」
「びよーん」

サラサラ、べとべと、もちもち・・・
素材の変化を目で見て確かめ、手で触ってたくさん感じ、

気持ちいいな、ちょっと嫌だな、といろんな気持ちにも出会った時間となりました。

こども芸術大学認定こども園では
来年度も親子で楽しめる遊びのワークショップや
体験会など様々なイベントを開催する予定です。

詳しい日時は4月に改めてお知らせしますね!
みなさんと楽しい時間を過ごせることを楽しみにしています。

2019.02.21 | お弁当の日

年に2回あるお弁当の日。
この日を、子どもたちはとても楽しみにしています。

「早く食べたいなぁ」
「今日はね、唐揚げ入ってるんだよ」と
朝からお弁当の話で持ちきりです。

普段はお部屋で給食を食べている子どもたち。
でも、この日は違います。

お弁当が入ったカバンを持って歩くだけでも嬉しそうなほし組(年少)は、
こども芸大の劇場でお弁当を広げました。

「みんなと食べるとおいしいね!」

「おいしそうでしょ?」


「私のおにぎり、梅干しだー!」
「僕は鮭だよー」
おしゃべりも弾みます。

 

たいよう組(年中)、だいち組(年長)は大学の食堂へ。


「あ!同じおかず入っているね!」

「好きな物は最後に食べるんだ~」

 

「このおかずは、僕も作るの手伝ったんだよ!」
とだいち組の男の子。

「デザート、楽しみだな~」

お家の方が作ってくれたお弁当で、
お腹も心もたっぷり満たされたようです。


大好きな友だちとお弁当を囲む特別感を味わった子どもたちでした。

 

2019.02.08 | 貢献欲

誰かの役にたちたい!
そんな気持ちに溢れるだいち組(年長)の子どもたち。
頼まれなくても、つきさん(1才児)のお世話をします。
(本当は、つきさんも自分で、くつを履けるんだけどね)



職員が履かせようとすると、いつもは
「自分で!!」と言うのに、
黙ってお姉さんに履かせてもらっているつき組の男の子。

「優しくしてあげたい」
そんな気持ちをキャッチしているんだなぁ。
お姉さんの貢献欲を満たしてくれる1才児なのでした。


微笑ましくて思わず写真を撮りました。

 

 

                         教頭・齊藤祥子

 

 

 

 

2019.02.06 | 卒業制作展

今日からスタートした卒業制作展。
年少組の時から、毎年展示を見ているだいち組(年長)は、
初日から張り切って出かけます!

卒業制作展は11日まで。
毎日楽しみたいと思います。

 

 

2019.01.22 | ネッツトヨタへ

昨年、屋根付きU-Car展示場工事の際、

こども芸大の年中・年長の子どもたちが「未来のくるま」を

遮蔽壁にデザインしました。

*未来の車をデザインする→ http://kodomogeidai.jp/date/2018/10/09
*イメージをカタチに→ http://kodomogeidai.jp/date/2018/10/10
*未来って・・・?→ http://kodomogeidai.jp/date/2018/10/11

 

そのお礼を・・・とお声がけいただき

1月18日(金)、ネッツトヨタ山形本社で

「やまがたの未来 応援プロジェクト」の

ありがとう贈呈式を開催していただきました。


高橋社長さんのお話の中から、作品が多くの人に喜んでもらえたことを知り、

自分たちが誰かの喜びのきっかけを作れたことに嬉しさを感じていたようでした。


そんな大切な経験をさせていただいたほかに・・・

髙橋社長より、子どもたち一人ひとりにたくさんのプレゼントを頂戴しました。

 

子どもたちは、嬉しくて嬉しくて笑顔いっぱいです。

U-Carタワー本店で展示していた原画展は、1月31日までとなります。

ぜひぜひ、子どもたちの作品をご覧になっていただき、

一緒に「未来」を想像し、楽しんでいただければ嬉しいです。

 

 

 

2019.01.18 | 冬の避難訓練

園で行う避難訓練。
子どもたちが様々な場面に対応できるようにと、
想定を換えながら、実施してきました。

今日は、登園時間のすぐ後、
9時に地震が起き、安全を確保するために一度園舎から出る、
という流れでやってみます。

1.2才児は、
いかに早く長靴を履いて歩き始められるかというところも練習です。

靴を履いていないために、裸足で逃げた子の姿も。

 

・・・・・

訓練の後は、避難の点検。
「お・は・し・も」の約束を守れたかな。

 

頭を守る練習もします。

 

 

何度も何度も、繰り返し確認すること
一番大切なのは「いのち」

みんな真剣に聞いています。

 

 

安全に迅速に避難するためにもっと考えられることはあるか
改善できることはあるか等など、午後のミーティングで議論します。

 

 

 

阪神淡路大震災から昨日で24年。
災害を忘れない、風化させない、
そんな想いを胸に、職員も子どもたちと訓練を重ねていきたいと思います。

 

 

                          (教頭・齊藤 祥子)

2019.01.16 | 手洗い・うがい

風邪やインフルエンザが流行りやすい季節になってきました。
病気を予防して元気に過ごしていくため、
改めて手洗い・うがいの大切さを以上児・未満児に分かれ、
園全体で確認しました

 

なぜ、手洗い・うがいをするのか子どもたちに聞いてみると、
だいち組(年長)を中心に

「バイ菌をやっつけるため!」「風邪をひかないように」という声が。
病気から身を守る為にどうすると良いのか、先生からお話を聞き、
絵本で確認しました。

 

手には、想像以上にバイ菌や汚れがついていることを知った子どもたち。

手洗い・うがいのやり方を確認し、さっそく実践。
手首や指・手の甲などもしっかり洗っている姿がありました。


うがいは声を出しながらやることを確認し、
ゴロゴロ・ガラガラ声が響いていました。


つき組(1歳児)、そら組(2歳児)は、

手洗いのやり方を知り、「指の間もキュッキュッ」と
先生の真似しながら丁寧に手を洗っていました。


どの学年の子どもたちも、手の洗い方の図を見たり、
聞いたことを思い出したりしながら、
意識して手洗い・うがいをする姿が続いています。

感染症が流行る時期も健康に過ごせるよう、
手洗い・うがいをして予防していきたいですね。

2019.01.11 | はじまりの会

冬休み明け、久しぶりに会う友だちと
「あけましておめでとう!」
「今年もよろしくね!」
挨拶を交わしたり、ぎゅーっと抱き合い嬉しそうな子どもたち。

新年の始まりをみんなで感じれるよう
劇場に全園児が集まり、「はじまりの会」をしました。

 

お正月にちなみ、なぜ鏡餅を飾るのか、
1月11日には鏡開きをして元気に過ごせるよう願うことなど、
お話を聞きました。

 

次に、今年はどんなことを頑張りたいか聞いてみると

 

「先生とか友だちの話を聞くことを頑張りたい!」

 

「リズムを頑張りたい!」

 

 

「二重跳びを頑張りたい!」

 

一人ひとりがはつらつとお話してくれる姿から
“こうなりたい”という思いが伝わってきました。

 

 

新しい一年を迎えた嬉しさや期待が歌声になって、
劇場に響き渡ります。

 



明日からの登園がますます楽しみになったようです。

今年も元気にいっぱい遊ぼうね!

 

 

2019.01.08 | 新年のごあいさつ

新しい一年がはじまりました。

年末に「もういくつ寝ると、お正月‥」と歌ってお休みに入った子どもたち。
お正月を過ぎると、「あといくつ寝ると、こども芸大?」と、
休みがあけるのを楽しみに待っているという様子を、お母さんから教えてもらいました。

1月になり、「あけましておめでとうございます」と挨拶するときの真っ直ぐなまなざしピンと伸びた背筋、
子どもたちの新しい年への期待や希望が伝わってきます。

 

今年の干支の「いのしし」を制作した時も、いのししさんの毛をいっぱい貼って
「あったかくしてあげる!」と張り切っていたそうです。

 

今年もまた、みんなで成長していきたいと思います。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

                           (園長・遠藤節子)

2018.12.26 | 終わりの会

冬休みを前に、
ほし(年少)・たいよう(年中)・だいち(年長)の子どもたちで、
終わりの会を行いました。

冬休みの過ごし方を、先生からのお話を真剣に聞く子どもたち。

 

早寝早起きを心がけること
雪遊びを楽しむために気をつけること
お客さまや親戚の人への挨拶をすること…
みんなが楽しくて気持ちよく新年を迎えられるように確認しました。

 

次に、2018年で一番楽しかったことを聞いてみると 

「だいち組(年長)みんなで山寺へ行ったことが楽しかったです!」

「パーティーごっこが楽しかったです」

「クリスマスツリーを作ったことが楽しかったです」

 

この1年間、こども芸大で経験したことの中から、
楽しかった思い出をお話ししてくれました。

お友だちの話を聞いて、「ぼくもそれ楽しかった!」と共感したり、
「わたしはこれかなあ」と自分なりに考えてみたりする姿がありました。

みんな心の中で、こども芸大での思い出を
大切にしているのだと感じた時間でした。

最後は園長先生と、
「新しい年にまた会おうね」と約束をして終わりの会を閉じました。

みんなが元気に、2019年を迎えてこども芸大に来れますように!