こども芸大だより

2013.12.28 | 今年最後の活動

今年も残すところ、あと数日。
今年最後の活動日は、母と子の時間。
親子みんなで過ごしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

はじめは、お母さんたちによる、影絵と音楽の時間。
いつも子どもたちが遊んでいるこども芸大脇の丘のお話。
子どもたちは夢中で見ています。
心がほんわかするお話でした。

影絵が終わって劇場が明るくなったら・・・
白い大きな布を発見!
影絵のお話に出てきたお花のように、白い布にみんなで絵を描くことにしました。

 

 

 

 

 

 

 

いつもと違う粉絵具をつかって、色とりどりに描きます。

親子で一色の絵の具を使ったら、他の親子と色を交換しながら、
みんなでたくさんの色を使います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとつお花を書いたら、いろんな場所へ移動して、白い部分が花で埋められていきます。
色も様々。形も様々。

 

 

 

 

 

 

 

外は、雪で一面真っ白だけど、こども芸大の中は、きれいな花がいっぱいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一足さきに、春がきたみたい。
親子みんなの力を合わせて、大きな大きなお花畑が出来上がりました。
このお花は、年が明けたら大学本館で開催する「こども芸大展」にも展示します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年1年、たくさんの活動をした校舎を、みんなでお掃除した後、終わりの会を行いました。

 

締めくくりは、大好きな歌で♪

 

 

 

 

 

 

たくさん遊んで、たくさん食べて、ケンカもしながら過ごした1年。
無事に過ごせたことに感謝しながら、こども芸大も冬休みに入ります。

 

 

 

 

 

 

 

こども芸大展は、来年1月8日から19日まで、大学本館で開催します。
子どもたちの伸びやかな感性を、ぜひ観に来てください。

来年も、みなさんにとって よい1年でありますように。