こども芸大だより

2020.12.23 | おたのしみ会、その後は・・・②

【たいよう組(年中)】
たいよう組は、だいち組(年長)がお楽しみ会のために創った劇を
自分たちでもやってみることに。
物語の内容や登場人物をよく覚えており、
どの役になるか自分の中で決めていたようです。
だいち組から衣裳と小道具を借りて早速劇遊び!



それぞれの役になりきり、
セリフの掛け合いを楽しみながら演じる姿がありました。



だいち組への憧れがより一層高まったたいよう組の子どもたちでした。


【だいち組(年長)】
おたのしみ会では自分達で考えたお話を劇にして
演じただいち組の子どもたち。
その経験の中で、みんなでひとつのものを創り出す面白さと
それを表現する楽しさを感じたようです。
そこで今回は『手のひらを太陽に』の曲に合わせて
振り付けを考えみることにしました。
音楽が始まると、歌詞を足掛かりに振り付けを考えていきます。



「ここはこうするといいんじゃない?」とアイディアを出し合ったり
「それいいね!」と自分たちで進めたりする姿はさすがだいち組です。



振り付けが完成するとみんなに披露!
踊り終え、大きな拍手をもらうと「自分たちで考えたんだよ!」と
得意げに教えてくれました。

おたのしみ会を通して、当日はもちろんですが、プロセス、
その後と楽しんできた子どもたち。
他学年の姿にも刺激を受けながら、
表現することの楽しさ、友だちと一緒に取り組む嬉しさを
改めて感じる機会となったようです。