こども芸大だより

2020.03.16 | ありがとうの会~当日の様子~

いよいよ《ありがとうの会》当日。

たいよう組の司会により、会がスタートしました。


「ありがとうの会をはじめます」


はじめに、みんなでだいち組が年少の時からのスライドショーを
観ました。
目を離さずじっと見つめるつき組(1歳児)、そら組(2歳児)。
ほし組(年少)、たいよう組は、「だいちさん小さかったんだね」と
3年間の歩みを知ったようです。

つき・そら組の「だいちさんまた遊ぼうね!」のタッチ!

 

みんなで声を合わせて歌った後は、
ほし、たいよう、だいち組でおやつを食べ、交流遊びをしました。
同じ遊びを楽しみ、触れ合って遊んだことが
また思い出の一つとなったようです。

「じゃんけん列車、楽しいね!」

 

最後は用意していたプレゼントを贈りあいました。
お互いの〈ありがとう〉という気持ちが伝わり、
相手が笑顔になってくれたことに気づき、嬉しそうな
表情を見せていました。

「だいちさん、ありがとう」

 

だいち組との触れ合いを楽しんだつき・そら組。
会の雰囲気を知りながら、みんなで過ごす楽しさを感じたほし組。
だいち組のために、計画から司会まで頑張ったたいよう組。
下の学年の想いを受け取り、温かな気持ちになっただいち組。
みんなの気持ちのこもった《ありがとうの会》になりました。