こども芸大だより

2020.03.12 | ありがとうの会~当日を迎えるまで~

もうすぐだいち組(年長)が卒園することを
知ったたいよう組(年中)の子どもたち。

だいち組との思い出を振り返ると
「たくさん一緒に遊んだ!」「泣いている時に助けてくれた!」とたいよう組さん。
ありがとうという気持ちを伝えたいという想いから

《ありがとうの会》を開くことにしました。

「だいちさんに喜んでもらえる会にしよう!」

当日の司会もたいよう組で進めることにしました。
「ドキドキするけど頑張る!」と当日まで張り切って練習する子どもたち。

いつでも友だちの顔を思い出せるようにと、
ほし組(年少)とともに『思い出の似顔絵アルバム』をプレゼントすることに。

ほし組が絵の具で色紙を作り、
たいよう組が貼り絵をし、虹の表紙を作りました。

「綺麗な色になるかな」

 

「きれいに貼れてるか見ててね」

 

ほし・たいよう組が自分たちのために
何か準備をしてくれていることを知っただいち組。
こども芸大のみんなに感謝の気持ちを伝えたいという思いを、
お花のプレゼントとともに伝えようと考えました。
遠くの花屋さんまで歩いて買いに行き、
「何色がいいかな」とこども芸大のみんなを思い浮かべながら、
一人ひとつずつ選びました。

 

「このお花くださいな」

 

「喜んでくれるかな?」とそれぞれがワクワクしながら当日まで過ごしました。

 

つづく