こども芸大だより

2019.12.19 | おたのしみ会のあとは・・・②

たいよう組(年中)

おたのしみ会直後から「雨が上がったよ~おひさまが出てきたよ~♪」と
だいち組(年長)のエンディンぐの歌を口ずさむ姿があり、気づけば大合唱。
だいちさんから衣装と小道具を借りて実際に劇遊びをしました。
憧れの衣装を身に纏うと、「かっこいい!」「似合うね~」と
気分はすっかりだいち組。

 


同じ役同士で「せーの!」と息を合わせたり、一人で言ってみたり。
難しいセリフにも挑戦。ドキドキしながらも終わった後に、
「できた!」と喜びいっぱいのたいようさんに頼もしさを感じました。

 

 

だいち組(年長)

おたのしみ会の熱が冷めやらぬだいち組。
ほし組が披露してくれた踊りの振り付けを
今度はだいち組の子どもたちだけで考えてみることにしました。
音楽をかけると歌詞をよく聞いて、
言葉から振り付けを考えようとする子どもたち。

 


途中、「ここの振り付け、どうする?」となかなか決まらない時は、
「よし!こんな時はだいち会議じゃない?」と話し合って決めていました。
一つのゴールに向かいギュッと力を合わせる、
だいちさんらしい姿がありました。
最後は、たいようさんとほしさんを招待し、
ステキなダンスを披露してくれました。

 

 

おたのしみ会に向けて、本番、その後…と一つひとつをじっくり
楽しんできた子どもたち。
プロセスを十分に楽しみ、当日は満足感あふれる会だったからこそ、
こうして、余韻も思い切り楽しめるのでしょうね。
子どもたちの姿から、「やりきる」→「自信」→「次への意欲」
こんな気持ちの充実を感じています。