こども芸大だより

2019.11.30 | 楽しかったね!わくわくランド

台風の影響で中止となった大学祭。
予定していた、だいち組(年長)親子のお店「わくわくランド」を
先日、行いました。

今年のお店は、ジュース、工作、フォトスポット、輪投げの
4つのコーナーに決めただいち組さん。
「来てくれたお客さんに楽しんでほしい」と相手のことを思いながら
話し合いを重ね、ジュースの試作や看板制作なども自分達で準備してきました。

 

わくわくランドをすることをだいち組から聞いた
たいよう組(年中)は、だいち組のお店を盛り上げたいと、
「お助け忍者」に変身し、前日に大学へチラシ配りをすることに。
緊張しながらも、だいち組のためにと頑張ってチラシを渡しました。

 

 

当日は、各クラスの親子、卒園生のお母さんたちが
来てくれてお店は
大にぎわい!
たいよう組のチラシ配りの甲斐あって、大学生や大学職員も
たくさん遊びにきてくれました。

つき組(1歳児)、そら組(2歳児)の子どもたちは、
親子でジュースやお菓子を味わいながら賑やかな雰囲気を楽しんでいました。


ほし組(年少)の子どもたちは、その日に親子で制作した王冠を被ってお店へ。

輪投げや制作コーナーにも夢中になっていました。

 

たいよう組は、再度「お助け忍者」に変身し、
マントを身に付けてお店をまわりました。
お店を楽しみながら「だいちさん、かっこいいね」
と憧れや来年への期待を持ったようです。

 

 

だいち組は、「どれがいいですか?」「こちらへどうぞ!」と
当日もお客さんの気持ちを考え、親子で助け合いながらお店を回します。
みんなの笑顔や楽しんでいる姿が、
だいち組にとって何よりのパワーにつながっていたことでしょう。

 

 

みんなでアイディアを出しながら準備を重ねてきたわくわくランド。
遊びに来た方々が笑顔になり、楽しいひとときとなりました。