こども芸大だより

2019.07.10 | 親子の時間①

親子の時間」は、こども芸大の親子行事の一つです。

季節の遊び、親子の触れ合いなど、さまざまな活動を通して
楽しい気持ち、ドキドキする気持ちなど
いろんな気持ちを親子で共有しながら過ごしていきます。

 

クラス活動を通して、集団の中での我が子の様子を知ったり、
同じ学年の親子とかかわったりできるのも
「親子の時間」ならではの楽しみです。

各クラスの様子をお伝えしたいと思います

 

 

つき組(1歳児)は、親子でバスタオルを使って遊びました。

バスタオルの上に乗り、お家の人に引っ張ってもらえば、
「魔法のじゅんたん」に早変わり。
先生やお友だちに手を振りながら楽しみます。

 

バスタオルの両端をお家の方に持ってもらうと
「ハンモック」の出来上がり。

乗り心地が良くて笑って楽しむ姿もあれば、
ドキドキして泣いたり、緊張から表情が固まったりすることも。
温かいまなざしの中、いろんな気持ちを感じた子どもたち、
それを見守るお父さん・お母さんの姿がありました。

 

 

 

そら組(2歳児)は、身近にある素材で大好きなバスを制作しました。

窓や模様にする紙はハサミで切って用意することに。
お家の人に手を支えてもらいながら、ハサミを使ってみるそら組さん。
チョキチョキと色紙を切る表情は真剣そのものでした。

切った後は好きな色の牛乳パックのバスにのりでペタペタ。

バスが完成すると大事そうに抱えたり、動かしてみたりするそら組さん。
お家の人と一緒に素材や道具の使い方を知り、
一緒に作ったからこそバスへの愛着もますます膨らんだようです。

 

 

親子の時間②へ続く