こども芸大だより

2019.05.24 | サツマイモ植え

 

こども芸大では、作物のお世話や収穫を通して
「命のつながりを知る」こと、
「自然の恵みに感謝する気持ちを育む」ことを願って
畑の活動を行っています。

 

その活動の1つ、
ほし組(3歳児)、たいよう組(4歳児)、だいち組(5歳児)の
サツマイモの苗を植えました。


まずは、サツマイモの苗を植える前に土の状態を観察。

 

 

「この土硬いね」
「こっちはやわらかいよ」
「色が違うね」
前の日の晩に雨が降っていたため、
濡れた土と乾いた土の感触の違いを知りました。

 

サツマイモの苗もよく観察しました。

 

 

「葉っぱがハートの形」
「つるつるする」
「小さな毛が生えているよ」
などと
よく見て、触って、発見したことを言葉にする子どもたち。

 

 

 

いよいよ、サツマイモの苗植え!

 

「土の布団をかけてあげよう」と苗を土に寝かせ、
苗を赤ちゃんに見立てながら植えました。

 


サツマイモの苗を植えた後は、みんなで
「大きくなぁ~れ~」とおまじないをかけます。

 

 

太陽の光や雨など自然の力が
サツマイモを大きくしてくれることを知った子どもたち。

 

知ったことを生かしつつ、
草むしりや水やりなど、畑に通いながら、
収穫までサツマイモの生長を見守っていきたいと思います。