こども芸大だより

2019.01.16 | 手洗い・うがい

風邪やインフルエンザが流行りやすい季節になってきました。
病気を予防して元気に過ごしていくため、
改めて手洗い・うがいの大切さを以上児・未満児に分かれ、
園全体で確認しました

 

なぜ、手洗い・うがいをするのか子どもたちに聞いてみると、
だいち組(年長)を中心に

「バイ菌をやっつけるため!」「風邪をひかないように」という声が。
病気から身を守る為にどうすると良いのか、先生からお話を聞き、
絵本で確認しました。

 

手には、想像以上にバイ菌や汚れがついていることを知った子どもたち。

手洗い・うがいのやり方を確認し、さっそく実践。
手首や指・手の甲などもしっかり洗っている姿がありました。


うがいは声を出しながらやることを確認し、
ゴロゴロ・ガラガラ声が響いていました。


つき組(1歳児)、そら組(2歳児)は、

手洗いのやり方を知り、「指の間もキュッキュッ」と
先生の真似しながら丁寧に手を洗っていました。


どの学年の子どもたちも、手の洗い方の図を見たり、
聞いたことを思い出したりしながら、
意識して手洗い・うがいをする姿が続いています。

感染症が流行る時期も健康に過ごせるよう、
手洗い・うがいをして予防していきたいですね。