こども芸大だより

2018.12.24 | おたのしみ会のあとは…

充実感いっぱいのおたのしみ会。

そんな、おたのしみ会のあとは、
子どもたちからのリクエストで各クラスの出し物を交換してみました!


「あの衣装着たいな」
「あの役もあったよね」
「ダンスやってみたかったの」と目を輝かせる子どもたち。

 

つき組(1歳児)とそら組(2歳児)は、
劇場のステージでおたのしみ会ごっこをしました。

『そら組さんから教えてもらったよ!』

「ほし組(年少)さんのダンス!」

 

ほし組は、たいよう組(年中)の劇をやってみることに!

『絵本を読んで、イメージが広がったよ!』

 

 

たいよう組は、だいち組(年長)の創作劇に挑戦しました。

『憧れの衣装に身を包み、ドキドキ…』

年長への進級の期待がぐんと大きくなったようです。

 

だいち組は、ほし組のダンスに挑戦!
同じ曲で、だいち組オリジナルの振り付けを考えました。
曲の歌詞をよく聞き、振り付けにしているところは、さすが年長さん!

 

『歌詞から連想した振りつけ!すてきでしょ?』

 


おたのしみ会の余韻を楽しみながら、
他学年への親しみや憧れがさらに大きくなったようです。