こども芸大だより

2018.10.11 | 未来って・・・??

「未来の車」のデザインをするにあたって
「みらいとは?」と子どもたちと話をすると・・・

「ぼくたちが大人になった時のことだよね」
「わたしが20才とか30才とかになった時のことでしょう?」

「大人になったら自分で車運転できるから、先生のこと乗せてあげるよ」
「いつまでも家族でいれるように、車も家族用にしたよ」
「友だちもみんなで乗れるように大きな車をデザインした」
「その時には空も飛べる車もあると思う」
などという声。

「このエンジンがあれば、宇宙までも飛べるよ!」


「ここが頑丈だから山道でもどこでも走れるんだ!!」

 

「みんなの住んでいる山形はどうなっているかな?」
と聞いてみると、
大人が考えるような近代化やコンピューター化などを思い描くかと思いきや
「いつまでも山があるといいな」
「青空がきれいだと車で走ったときに気持ちがいいと思う」
「この未来の車で森を何個も何個も走り抜けたい!」
「芸工大やこども芸大に車に乗って遊びにくるねー」
と生き生きと話すのです。

 

 

子どもたちは、今自分の周りにいる家族や友だち、
そして、山形が本当に大好きなのだということが伝わり、
しあわせな気持ちになりました。

 

 

「じゃあ、どんな未来になってほしい?」
とだいち組(年長)の子どもたちへの質問すると、
「平和なところ、みんなが笑っているといい」
「畑で美味しいものがたくさん育っている未来がいいな」
「宇宙人に会いたい」
「車でどこにでも行けるといい。すぐに行きたいところに行けるといいな」
というこたえがありました。

ネッツトヨタさんに夢が広がるようなきっかけをいただいたことに感謝しつつ、
子どもたちが思い描くような未来を想像し、会話を楽しみながらワクワクしたのでした。