こども芸大だより

2018.09.14 | 大学探検

東北芸術工科大学の敷地内にあるこども芸術大学認定こども園。
子どもたちは「さんかくおやねの芸工大」と呼び、親しんでいます。

今日はほし組(年少)、たいよう組(年中)、だいち組(年長)の3学年で、
縦割りのグループに分かれ、大学探検に行きました。

この探検にはひとつのミッションがあります。
それは「201」を探すこと。

「どういうことー?」
「車についている数字のことかな?」と子どもたちの推理が始まります。
“201”の謎を解きに、さっそく大学へ出発!

大学の中に入ると、あたりをキョロキョロ見ながら
何かヒントはないかと探す子どもたち。
「あっちで100って数字を見つけたよ」
「でも201じゃないね」

すれ違う学生さんや教職員の人と挨拶を交わしながら、
「201」について聞いてみると
階段を登って上の階に行くと手がかりがあることを教えてもらいました。

階段を登るとたくさんの教室を発見!
「こども芸大より椅子が大きい!」
「黒板もあるよ!」
それぞれに気付いたことを言葉にしながら
学生さんが普段使っている教室をのぞき見です。

椅子に座って大学生気分の子どもたち。
“どんな勉強をしているのかな?”と興味が深まります。

さて、数字の謎は・・・。
「ここには207って書いてある!」
「ここは204!」
「もしかしてお部屋の数字なのかも!」と考えた子どもたち。

ひとつひとつ教室の番号を見ながら歩いていると、201講義室を発見!


「うわぁ!ひろーい!!」と千人ほど座れる講義室の広さにびっくり。



各グループ揃ったところで、今日は特別に大学の教室で朝の会。
大きな教室に元気な歌声が響きました。
今日の大学探検を通して、
ますます芸工大や学生さんたちの存在が身近なものになったようです。