こども芸大だより

2018.09.10 | ビエンナーレに触れる(ほし組の活動)

東北芸術工科大学が主催するでは、2年に1度の
現代アートのフェスティバル「山形ビエンナーレ2018」が
9月1日から開催されています。
金曜、土・日祝日開催のこの芸術祭。
子どもたち皆で見に行くことができる金曜日に、
大学キャンパス内の展示を見に行くことにしました。

 

「山のような100ものがたり」というプログラムは、
大学敷地内を5つのゾーンに分け、100の作品が展示してあります。

作品に興味津々のほし組(年少)の子どもたち。

 

 

自分が気に入った作品を指差したり、楽しい気持ちを共感したくて
「見てみて!」の声が聞こえてきます。

スタッフが「これは何だろうねぇ?」と聞くと・・・
「花火!」「金メダル!」「はちみつ!」「ただの光!!」
と自分の目に写ったイメージを声にしていました。
私たち大人が思いつかないような見方、感じ方に驚かされることもしばしば。
これまで見たり聞いたりした経験と今ここで感じたことを重ね合わせて、
どんどん想像が広がっていくのでしょうね。

 

 

 

お風呂の部屋??
鏡の前で髪を洗うしぐさをしながら、楽しみます。

「何でここにこんな作品があるのかな?」
「どうしてこれを描いたのかな?」
「みんなに楽しんで欲しかったのかな?」
子どもたちなりに何かを感じ、考えながら、展示を楽しみました。

これからもたくさんの作品に触れ、楽しみを広げていきたいと思います。

 

9月24日までの開催です。
ぜひ、足をお運びください!