こども芸大だより

2011.12.06 | もうすぐおたのしみ会


いよいよ今週末に迫った「おたのしみ会」

子どもたちが生活の中で夢中になっていることや
みんなで取り組んでいることを題材に
劇や歌、踊りなどで「楽しい」気持ちを表現する場です。

今年も子どもたちの間では
「お母さんにはひみつだよ!」
「ほし組さん、たいよう組さんにも聞こえないようにしよう」
といいながら
「わたしたちのおたのしみ会で何するかしってる?」
「ひっみつ〜♪」と
思わせぶりな秘密ごっこを楽しんでいます♪

そんなかわいい子どもたちの練習風景を
ちょっとだけ覗いてみますよ〜。

なんだか、お尻フリフリ♪しているのは
ほし(年少)組さん。

ほし組さんは、音楽に合わせて身体を動かすのが大好き。
楽しい気持ちを全身で表現しています。
かわいくてかわいくて、
見ているみんながほっこりしてしまうような
ほほえましい姿が当日も楽しみです。

おや!?
お地蔵さんの前で大きな声を出しているのは
たいよう(年中)組さん。

最近は、だいち(年長)さんにも負けないくらい
大きな歌声がこども芸大に響き渡っています。
秘密の特訓の成果かな!?
きっとこれなら当日も大丈夫。
ステキな歌声がたのしみなたいよう組さんです。
そして、ステージで本格的な練習をしているのは
だいち(年長)組のみんなです。

だいち組さんは、
自分たちで演目や、ストーリーも相談していました。
ステージでの練習中にも
「お客さんに気持ちが届くようにもう一回言い直そう!」と
子どもたちの中からこんな言葉が聞かれるほど。

練習の回を重ねるごとに
「見せる」意識がどんどん高まってきているだいちさん。

今年はどんなドラマを見せてくれるのか、
期待が高まりますね。
おたのしみ会まで、あと数日。
子どもたちの気持ちも高まってきました。

みんなでみんなの成長を
分かち合える「おたのしみ会」、
とても楽しみです。