こども芸大だより

2011.11.25 | 和太鼓の時間


「ででんがでんでん、すっててこでんでん♪」

楽しげな拍子が劇場から聞こえてきましたよ。

これは、だいち(年長)組の
「和太鼓の時間」の様子です。

9月から始めた和太鼓も、回を重ねるごとに
振りもかっこよく様になってきました。

身体の力を抜いてすとんと打つと
思いのほか音が遠くまで響き、
子どもたちも自分の音にはっとします。

自分の音とお友達の音が重なり合う瞬間が
心地よく感じられるようにもなってきました。

そして今日は、ほし(年少)組たいよう(年中)組のみんなが
見学に来る日。

いつも以上に背筋がピシッのびて、
静と動の動きにメリハリが!

「だいちさんかっこよかったね」
「ぼくも太鼓やりたい!」
「でんでんがでんでんっ♪」
ほしさん、たいようさんも
目を輝かせだいちさんの太鼓を見ていました。

そんな姿を見ていると、
今のだいちさんたちも去年、
和太鼓見学の後、段ボールをラップの芯でたたき
「でんでんがでんでんッ♪」と遊んでいたことを思い出します。

今度は、お母さんたちにも見てもらおう!と
さらに張り切っているだいちさん。

今日は一段とだいちさんの背中が頼もしいと感じた、
和太鼓の時間です。


和太鼓を指導してくれている「太悳」の皆さんが
12月3日(土)に冬公演を行います!
詳しくはHPをチェックしてみてくださいね。