こども芸大だより

2017.11.14 | 秋の面白さ・楽しさ②

ほし組(年少)
お気に入りの色とりどりの葉っぱ。
「ライオンさん、寒そうだから!」と
思い思いに葉っぱで飾り付けて、
素敵なたてがみを作りました。


「かっこいいライオンにするぞ!」

木の下にたくさん積もった葉っぱを
手で舞い上げて「落ち葉花火」を楽しんだほしさん。
秋ならではの葉の色や音、形などを感じています。


「3・2・1 どっかーん!」

たいよう組(年中)
悠創の丘で見つけたかえでの葉っぱ。
その葉っぱがじゃんけんの『パー』に見えてきて、
友達とじゃんけん大会!


「じゃんけん、ぽん!」

破れている葉っぱは
『グー』と『チョキ』に見立てて遊んでいました。
自然の中で見つけたものが遊びに変身し、
見立てて遊ぶ楽しさを感じています。


「これは何に見えるかな?」

だいち組(年長)
滝山地区内をぐるっと回って
お散歩することを楽しんでいるだいちさん。
長い距離でも「〇〇公園に行ったらサッカーして遊ぼう!」と
目的地での遊びを友だちとお話ししたり、
「田んぼの稲が黄色になっているね!」と
秋の景色を味わいながら、歩みを進めました。


「姥神様っていうんだね」


「あっちの稲も黄色だ!」

秋の自然を満喫しています!
冬はどんな遊びになるのか楽しみです。