こども芸大だより

2010.11.09 | 何気ない一言

ある日のほし組(年少組)でのできごと。

1冊の読みたい絵本を巡って、AちゃんとBちゃんががケンカになっていました。

「絵本、貸して〜」
「読んでるからダメよ〜」

以前だったら、貸してと言う前に、取り合っていたよなぁー
と思って見ていると・・・

絵本を貸してもらえなくて、悔しくて
「もうAちゃんになんてお手紙書かないからね!」とBちゃん。
「私だって書かない!!」
「絶対に書かないから!」とAちゃん。

このまま、どうなるのかな?と見守っていると・・・

そばにいたCちゃんが
「Cちゃんはねぇー みんなのこと大好きだから、みんなに手紙書くよ。」と。

その言葉に空気が変わるのを感じました。

「・・・やっぱり、私もみんなに手紙書く!」とBちゃん。
「私も!」とAちゃん。

いつの間にか、みんなが笑顔に。

嬉しいCちゃんの言葉。

仲直りさせようとしたわけではない、何気ない一言だったはず。

今日もまた、子どもたちの優しくて柔らかな心に、感動した一場面でした。