こども芸大だより

2010.10.06 | もうすぐ「親子うんどうの日」


「ふーん。楽しそうだからいってみようかな。」
しばらく落ち葉を拾っていると……

「おや、またなにか書いてあるぞ?」
「こっちも楽しそうだけど、日にちがおんなじだ。どうしよう。」

「あ、そうだ!食べもの持ちよってパーティーをしたらいいかもしれない。」

「手巻きずしとケーキ、そしてあったかいスープがあれば、
きっと楽しいパーティーになるぞ。」

まずはみんなでパーティー会場の準備です。

みんながわくわくするような飾りつけがいいな。

準備が整ったら、ウサギさんの手巻きずしつくりのお手伝いです。

小さなニンジン、大きなニンジンをクルクル、コロコロ巻いていきます。

お次は、リスさんのケーキつくりのお手伝いです。

高い木の上の巣穴にもぐって木の実を運び出します。

たくさんの手巻きずしと美味しそうなケーキができあがったので、
今度はみんなでスープをつくります。

まずは水を張ったお鍋を火にかけます。

ぐつぐつとお鍋が煮立ってきたころ、
なにものかが現れました。

さて、誰が現れたのかな??

あったかいスープと、美味しい手巻きずしとケーキをみんなで食べて、
楽しい楽しいパーティーになりました。

歌ったり、踊ったり、みんなですごした秋の日はとてもとても幸せな気分でした。

・・・・・・こんなイメージで

今年はどんな笑顔、どんな姿、どんな「うんどう」が展開されるか 楽しみです!


10月9日は「親子うんどうの日」です。

親子で様々な運動の感覚を体験する
「親子うんどうの日」は、心からうんどうを楽しむ日。

運動の心地よさを感じることができるようにとの願いを込め、あえて競技という形をとらずに
走る・跳ぶ・支える・投げる・回る・・・という
うんどうを展開していきます。

お母さんたちから「パーティー」のイメージをお話ししてもらい、そのイメージをもとに
こんな「シナリオ」を作りました。

ある秋の日、色づいた山がとてもきれいなので遊びに行ってみました。

山にはたくさんの落ち葉が舞っています。

ひらひらと舞っている落ち葉を見て、ふと思いました。

「落ち葉をつかって火を焚いて、おいしいスープをつくってみよう。」

「みんなで育てたジャガイモがあるし、みんなでつくればきっと楽しいぞ。」

落ち葉を拾いながら森のなかへ入っていくと……

「おや、なにか書いてあるぞ?」