こども芸大だより

2017.06.02 | 森を作ろうWS

6月1日(木)
グラフィックデザイン学科長 中山ダイスケ教授と学生さんたちと
WSを行いました。

「木がいっぱい集まったら、何になる?」という先生の問いに
「木と木」
「木がいっぱい!」
「あっ!森だー」「そうだ森ができるんだ!」
と子どもたち。

それぞれが思い思いの木を作成。
「どんな実がなるの?」と聞かれ、表現したいことを
思い浮かべます。

作ってみたのは・・・

「さくらんぼの木」
「しましまの木」
「クリスマスツリー」
「レモンの木」
「カブトムシの木」
などなど。

たくさんの木が集まった森になりそうです。

子どもたちそれぞれが表現した「木」を学生さんがたちが加工し、
山形に新しい一つの「森」が誕生します。

10月からJR山形駅東口の防音壁の壁画として8ヶ月間、飾られるそうです。

ぜひご覧になってくださいね。