こども芸大だより

2015.12.10 | 京都のこども芸術大学との交流③

交流最後の日。

『げんきでねの会』を開催しました。

「もっと遊びたかった」「また会おうね」と子どもたち。

IMG_3163

会の中では、
京都と山形のお母さんから、交流を通して感じた事をお話してもらいました。

山形のお母さんのお話を一部紹介します。
「京都と山形、場所は遠く、日常の過ごし方は違うけれど、子どもに対する思いや考えに同じものを感じました。
京都のお母さん達に感じた子どもを見守る穏やかな姿勢。
その姿勢を大切にしながら、より深く子どもの成長にかかわり、私たち自身も成長していけたらと思います。」
この言葉の通り、離れていても、京都と山形の繋がりを感じる交流となりました。
この3日間で感じられた事を、それぞれの生活でも大事にしていきたいですね。