こども芸大だより

2015.11.03 | さつまいもを描いてみよう。

大きなおいもを収穫した子どもたち。
食べる楽しみはもちろん、描く楽しみもあります。

 

ほし組(年少)

「おいもさん、食べてしまったら消えてしまうから、絵に描いておこう!」
スタッフに誘われた子どもたち。もう一度、掘ったイモを見てみることに・・・

IMG_1761

小さくて曲がっているおいも、丸いおいも、細い形が合わさっているおいも・・・。
おいもをよく見たら、細い毛(根っこ)が生えていたり、皮が剥けて黄色が見えていることを発見。

描きたいおいもの場所に行き、クレヨンで描いていきました。

IMG_1779
「これねずみさんが食べた後かな?」
「細長いのは、にょろにょろ描こう」
友だちと会話をしながら、自分の見た、おいもが表現されていきました。

 

 

 

たいよう組(年中)
IMG_1781

大きなサツマイモを見ながら、「どうしてこんなに大きくなったと思う?」と聞くと、
「太陽の光をいっぱい浴びたから!」と子どもたち。
「でも、おイモは、土の中に居たよね?」
「わかった。土から栄養をもらったんだ!!」
「ここに、おイモのおへそみたいなものがあるよ。」
「そう、葉っぱと繋がっていたんだ。」「どういうこと?」
「葉っぱがお母さん」
そんな会話をしながら、
葉っぱがグングン伸びて、太陽の栄養をもらって大きくなったことを感じ取りながら
イメージしていきました。
土の中で繋がっている。
そんなキーワードから、大きな紙にみんなでおいもを描きました。

 

IMG_1805

 

 

だいち組(年長)

だいち組には、サツマイモを掘る前に掘った時の事を絵にしてみよう。
と提案しました。
どんな手で掘ったかな?身体はどうなっていたか、友だちの姿も見てみようね。
そんなことを投げかけていました。

IMG_2384

 

経験したことを一枚の画用紙に描く。
すいすい描き始める子もいれば、
どうだったかな?イモから描こうかな、自分から描こうかな?と悩んでいる子も・・・。

スタッフとも会話をしながら、掘った時の事を思い出していきます。
「おいもを掘ったら、虫がたくさん出てきた。」
「おいもが出てきて、みんなで喜んだ。」
「大きいおいもを友だちと一緒に掘った」
など、それぞれ経験したことを描いていきます。

 

IMG_2408

 

クレヨンで描き、絵の具で染める。
2つの工程でも集中しながら取り組む姿に成長を感じました。

テーマがある経験画。
思い描いた通りに描けなかった子もいます。
しかし、描こうと挑戦する気持ちを見せてくれました。
この気持ちを大切にしていきたいです。

さあ、次は食べる楽しみへ。
さつまいもカレーを作る予定です。