こども芸大だより

2017.12.29 | おたのしみ会を迎えるまで①

おたのしみ会は、
その名の通り「楽しい」をたくさん感じる日。
そして、お家の方々に、
子どもたちの「今」を感じ取ってもらう日です。

おたのしみ会に向かう中で、
ワクワク・ドキドキ、緊張・・・
様々な気持ちを知り、感じ合ってきた子どもたち。

今回は、おたのしみ会に向かうまでの
子どもたちの様子をお伝えしていきます。

つき組(1歳)では、各クラスの朝の会に混ぜてもらい、
手遊びや歌を一緒に楽しんできました。
最初は緊張していましたが、
お兄ちゃん、お姉ちゃんたちの元気な歌声を聞くと
歌う姿をしっかりと見つめ、聞き入っています。


「みんなで手遊び楽しいね!」

そら組(2歳)では、カスタネットという楽器に出会いました。
始めは、とにかくたくさん音を出すことが
楽しかったそら組の子どもたち。
次第に歌に合わせて音を鳴らそうとする姿に変わり、
友だちと一緒にすることがますます楽しくなっていきました。


「どんな音がするのかな?」

つづく…

2017.12.28 | おたのしみ会を迎えるまで②

ほし組(年少)には、ある日、ほし組に手紙とCDが届きました!
聞いてみると、楽しい曲♪
ほし組の大好きな曲になりました。
みんなで踊りを楽しむ中で〈ほし組〉というクラスの意識が
強く感じられるようになってきました。

たいよう組(年中)では絵本をきっかけに
みんなで劇ごっこをしてみることに。
お客さんを喜ばせたくて何度も作戦会議をしたり、
「たいようさんだけの秘密ね」と
練習していることを内緒にしながら過ごしていました。

だいち組(年長)では、自分たちでお話を作りました。
見てくれる相手のことを考えて、
「お話の最後はうれしくて、楽しい気持ちになるもの」
と決めました。

リハーサル後、
それぞれ感じたことや教えたいこと、
良いところを伝え合いました。
本番への意欲も高まり、
みんなで楽しい会にしようとする子どもたちの気持ちが
伝わってきました。

2017.11.14 | 秋の面白さ・楽しさ①

つき組(1歳児)では
どんぐりを使ってマラカス作り!
どんぐりをペットボトルに入れたり、
勢いよく振ってペットボトルから飛び出してみたり、
様々な楽しさを感じながら作りました。


「マラカス完成!」

先生のピアノの音に合わせて「シャカシャカ!!」と鳴らし、
初めて聞くどんぐりマラカスの音を楽しみました。


「シャカシャカ、楽しいね」

そら組(2歳児)は、
たくさん歩けるようになって、
いろいろな場所にお散歩に行けるようになってきました。
みんなで木の上に座ってそら組列車に早変わり!
落ち葉の切符を持って、出発進行です。


「そら組列車。ぽっぽー」

お散歩で集めてきた赤や黄色の葉っぱはジュースにも大変身!
「どんな味がするかなぁ」と想像を膨らませながら
葉っぱの色を楽しみました。


「葉っぱジュースだよ」

つづく・・・

2017.11.14 | 秋の面白さ・楽しさ②

ほし組(年少)
お気に入りの色とりどりの葉っぱ。
「ライオンさん、寒そうだから!」と
思い思いに葉っぱで飾り付けて、
素敵なたてがみを作りました。


「かっこいいライオンにするぞ!」

木の下にたくさん積もった葉っぱを
手で舞い上げて「落ち葉花火」を楽しんだほしさん。
秋ならではの葉の色や音、形などを感じています。


「3・2・1 どっかーん!」

たいよう組(年中)
悠創の丘で見つけたかえでの葉っぱ。
その葉っぱがじゃんけんの『パー』に見えてきて、
友だちとじゃんけん大会!


「じゃんけん、ぽん!」

破れている葉っぱは
『グー』と『チョキ』に見立てて遊んでいました。
自然の中で見つけたものが遊びに変身し、
見立てて遊ぶ楽しさを感じています。


「これは何に見えるかな?」

だいち組(年長)
滝山地区内をぐるっと回って
お散歩することを楽しんでいるだいちさん。
長い距離でも「〇〇公園に行ったらサッカーして遊ぼう!」と
目的地での遊びを友だちとお話ししたり、
「田んぼの稲が黄色になっているね!」と
秋の景色を味わいながら、歩みを進めました。


「姥神様っていうんだね」


「あっちの稲も黄色だ!」

秋の自然を満喫しています!
冬はどんな遊びになるのか楽しみです。

2017.11.08 | 快晴!秋の外遊び

11月とは思えないくらい、暖かく澄み渡った青空。

子どもたちは園庭で思い思いの遊びを楽しんでいます。

ほし組(年少)の人形劇ごっこ。
先月、たいよう組(年中)の人形劇を見たことが刺激となり、
自分たちもやってみたいと人形を作りました。
ぬりえの人形でも大満足。

「こんどは、お話の人形劇がいい!」と年少の男の子。

そこで、どうぶつたちがシャベルを取り合ったけど、
最後はみんなで仲良くなった、
という人形劇をやりました。
今度は、セリフがあるので、はずかしがりながらも、
人形劇を楽しんでいた年少さんです。

人形劇の最後には自己紹介。
テレながらも自分の名前を言うと、だいち組(年長)が拍手をしてくれます。

お兄さんお姉さんに人形劇を見てもらって、
「もう1回やりたい!」と言うものの・・・
年長さん、年中さんは、自分たちの遊びに戻っていってしまいました。
ほし組のために、遊びを中断して見に来てくれていたのでしょう。

ほし組の子どもたちも
「じゃあ、明日にしよう・・・」
と、別の遊びへと方向転換したようでした。

様々な遊びの経験を積み重ねながら、これからも楽しんでいきたいと思います。

2017.10.30 | さつまいも堀り

だいち組(年長)、たいよう組(年中)、ほし組(年少)で
さつまいもほりに行ってきました!

肌寒い秋の日でしたが、つき組(1歳児)、そら組(2歳児)に応援してもらい、
張り切っている子どもたち。

「最初はツルを抜くんだよ」
「掘るときはモグラの手!」

さつまいもの取り方はだいちさん(年長)が教えてくれました。


まずは、ツルを引っ張ります。

「うんとこしょ、どっこいしょ!!」

さあ、さつまいもほりの開始です!おいも出てくるかな~?

やっとの思いで土から掘り出したさつまいもにみんな大喜び!

かわいらしいおいもからずっしり重いおいもまで掘れました。

掘っても掘ってもなかなか抜けないさつまいももありました。

掘り終えたところも何度もよく見て
堀り残しがないか念入りに確認していました。

小さいものも大きいものも自分たちで採ったさつまいもに
満足そうな子どもたちでした。

どんな料理にしようかみんなで話し合って決めたいと思います。

2017.10.24 | カフェメニューご紹介~遊びの1コマより~

台風の過ぎた後の園庭。

子どもたちは、カフェの準備をしていました。

お客さんはまだかなぁー

<ハローウィンプリン>

<どんぐりケーキ①>

<どんぐりケーキ②>

<お豆のケーキ・コーヒーセット>

栃の実を見つけて、やっとの思いで半分にした男の子。

どんなふうに料理にしようか考え中だそうです。

楽しみがたくさん広がる秋の庭。
お天気のいい日は、外へ出て深まりゆく秋を楽しみたいと思います。

2017.10.20 | 親子うんどうの日

親子うんどうの日。
外は雨。
体育館に集ったみんなが思いきり身体を動かしました。

春にいもむしを見つけてさなぎからちょうちょへ
羽化させた経験をきっかけに今年のテーマは「ちょうちょ」。


もぞもぞ「いもむし」から


親子で「さなぎ」へ


「アゲハチョウ」の大ジャンプ!


「モンシロチョウ」ポーズ!


花の蜜はどこかしら~?

いもむしからちょうちょに変身し、旅にでかけるコースです。
同じコースを何度も楽しむ姿、
お家の人の力を借りて難しいコースに挑戦する姿もありました。

コースを回ってみて感じた様々な気持ちを『伝えること』

みんなの気持ちが伝わり、いもむしがちょうちょに!

子どもたちのキラキラした笑顔がたくさん見られ、
保護者の方々からも「子どもたちの声・表情が近くで感じられてよかった!」
という声をたくさんいただきました。

心も体も温まる「親子うんどうの日」になりました。

2017.10.06 | 読み聞かせ

こども芸術大学には、
お家の方が日々の生活の中で
芽生えた興味・関心をテーマに自主的に活動する
「結活動」というものがあります。

子どもたちがいつも楽しみにしている「読み聞かせ」。
これも結活動の1つです。

子どもたちは、
お母さんがバックから出てくる絵本は何かな?と
ドキドキ、わくわく…

回数を重ねるごとに子どもたちの聞く力もついてきて、
様々な表情を浮かべながら
絵本の世界に見入っています。

子どもたちの大好きな時間。
絵本から受け取る様々な楽しみをこれからも広げていきたいと思います。

2017.09.25 | 楽しかったね!大学祭!!

こども芸術大学認定こども園に遊びに来てくれた人たちが
楽しい時間を過ごせるようにとだいち組(年長)の子どもたちで
アイディアを出し合い、「虫」をテーマに準備をしてきた大学祭。

だいち組親子(年長)による遊びのコーナーと
ジュースのお店『虫たちのおまつり』
たくさんの方々にご来場いただき、本当にありがとうございました!

当日は、お店の準備をしながら
「楽しみ-!」「ちょっとドキドキする!」と興奮気味の子どもたち。

みんなで話し合いを重ね、準備をしてきたお店の開店に
“いよいよだ!”という楽しみな気持ちと
“お客さんは楽しんでくれるかな?”というドキドキを感じつつ、
お店がスタートしました。

「いらっしゃいませー!」

「樹液ジュース(オレンジジュース×カラフルゼリー)はいかがですか?」
「花の蜜ジュース」(サイダー×カラフルゼリー)、おいしいですよ」

「わなげもありますよ-!」

「こっちはむしあてでーす!」

こちらは“つくってあそぼう”のコーナー。
好きな虫のイラストを選んで色を塗り、棒と糸をつけて楽しいお土産に。

あっという間にお客さんでいっぱい。
お店屋さんのやる気もますます高まりました。

だいち組親子(年長)のお店にたくさんの人が来るようにと
たいよう組(年中)の子どもたちは「むしむしパレード」に出発!
思い思いの虫になりきって
「だいちさんのお店に来てください。」とチラシを配りました。

ほし組(年少)の子どもたちは手作りの旗で
「いってらっしゃーい!」「頑張ってね!」と
だいち組やたいよう組を応援です!

壁面には子どもたちの作品やスタンプラリー、
チョークでお絵かきのコーナーもあり、
こども芸術大学認定こども園全体がお祭りのように賑やかで活気いっぱい。

つき組(1歳)はお花、そら組(2歳)は雲をつくって、
遊びに来てくれた人たちをお出迎え。

小さいお友達や小学生のお兄さん・お姉さん、学生さん、地域の方々…
たくさんの人たちに遊びに来てもらい、
みんなの“楽しい”がいっぱい詰まった大学祭となりました。