教育目標

「こどもこそ未来」

社会の未来を担うのは子どもたちです。子どもたちは、大人の予測を遙かに超えた想像力を持ち、感じ、考え、周囲と関わりながら日々成長します。それをたくさんの愛情の中で多くの人と手を携えながら支えていきます。
その「心」を育むために一人ひとりが安心して自分の気持ちを表現できるように、その時々の子どもの気持ちを受け入れることを大切にします。日々の様々な場面で一緒に考え、自分たちで答えを見つけられるよう支えます。
そして自分なりに出した答えを受け入れ認めていくことで、自信や意欲を育てています。同時に、答えはひとつではないこと、様々な考え方があることも伝えていきます。
このような経験を繰り返し、積み重ね、丁寧に向き合って、一人ひとりの心の成長へとつなげています。

保育の特長

ふたつの時間を行き来しながら、経験を重ねます

こども芸術大学の生活は、日々の遊びの積み重ねから成り立っています。遊びの中で好奇心を広げながら、様々な体験をとおして心と身体を育てます。「ぼく・わたしの時間」「みんなの時間」のふたつの時間を相互に作用させ、その時々の子どもの状況に合わせ活動しています。自由な遊びを「みんなの時間」の活動の中で共有し経験の幅を広げたり、みんなで活動したことをそれぞれがアレンジし「ぼく・わたしの時間」の中で展開することもあります。そのため柔軟に保育計画を立てています。楽しい気持ちを意欲へとつなげ、生き生きと生活できる子どもを育てます。

●一人ひとりが自由に遊びを展開する
「ぼく・わたしの時間」

子どもたちの「やりたい気持ち」を遊びにつなげる時間です。個々の興味関心を大切に、自分の感じたことや考えたことを表現できるよう関わっています。試行錯誤を繰り返し、楽しみながら、やりたい遊びを実現していきます。

●仲間と共に活動に取り組む
 「みんなの時間」

子どもたちの自己発揮や仲間との協調を大切に活動しています。個々の成長の姿に合わせ必要な経験を考えながら、みんなで目的に向かうプロセスを大事に、達成感へとつなげていきます。

たくさんの触れ合いの中で

こども芸術大学の中には、たくさんの人との触れ合いがあります。
専門知識を持つ東北芸術工科大学の先生たち、ひたむきに制作活動に向き合い、ときには一緒に活動してくれる大学生たち、そして地域の人たち。多くの人と一緒に過ごす中で「互いに向き合うこと」「心の動きを感じること」の大切さを学び、みんなで過ごすからこそ生まれる充実感を味わっています。
様々な価値観に触れ成長していく子どもたちの姿から、お母さんたちも気づきを得て、子育てを充実させています。

  • 教育理念
  • 教育目標・保育の特徴
  • こども芸大の日々
  • 1日のながれ
  • 年間スケジュール
  • 3年間の育ち
  • お母さんの学び
  • 施設紹介・周辺環境
  • アクセス